このページの本文へ

アップル、スマホサイトをついに開設

2014年09月10日 11時00分更新

小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 初代iPhoneの発売から7年。アップルがついにスマートフォンサイトを開設した。

 iPhone 6やApple Watchといった新製品の発表にあわせて9日、リニューアルされた公式サイトでは、スマートフォン専用サイトを初めて用意。iPhoneなどのスマートフォンでアクセスすると、ナビゲーションやレイアウトが最適化されたサイトに切り替わる。

 世界的な潮流である「レスポンシブWebデザイン」ではなく、ユーザーエージェント情報を基にPCサイトとスマートフォンサイトを振り分ける方法を採用。iPhoneだけでなく、Android端末でアクセスした場合もスマートフォンサイトになる。

 アップルはiPhoneの発売から、一貫してスマートフォンサイトを作っておらず、その方針を評価する声も多かった。アップル自身もiPhoneの特徴として「パソコン向けのサイトがそのまま見られる」とうたっていたが、今回のサイトリニューアルはその大きな方針転換となる。

Web Professionalトップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング