このページの本文へ

米Google、商品リスト広告に商品評価を掲載可能に

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2014年07月30日 13時27分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google は2014年7月29日、商品リスト広告(Product Listing Ads、PLA)に5つ星評価方式の商品評価が掲載可能になったことを公式ブログで発表した。当面は米国の Google検索(google.com)及び Google Shopping(google.com/shopping)が対象。

商品評価やレビューは買い物客の購買意思決定を左右する重要な情報である。PLA に商品評価情報を加えることで、ユーザーが検索の最中にその重要な情報を容易に参照できるようにすると共に、広告主にとってのトラフィックの品質を高めることが狙いであると Google は述べている。

掲載できるのは広告主(売主)の評価ではなく、個別の商品に対する評価。商品への評価は複数のソースに掲載された評価を統合したものとなる。商品リスト広告に掲載するためには、最低3つ以上のレビューがなされていなければならない。なお、商品リスト広告に評価情報が掲載されるのはパソコンから検索した時のみで、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からの検索時には表示されない。

2014年7月下旬から同10月までは猶予期間として、レビューデータが利用可能な限り、商品リスト広告に出稿される全ての商品に評価情報が掲載される。この猶予期間に掲載を希望しない場合は、Google に申請する必要がある。10月以降は、Google と評価情報を共有することを許可する広告主のみが利用できる。

猶予期間後も 商品リスト広告に評価情報を掲載したい場合は、Google に直接または Google が承認するサードパーティーを通じて情報の共有が必要。対応するサードパーティーは、BazaarVoice、Ekomi、PowerReviews、Viewpoints など。

開始時点では米国内のみが対象となるが、2014年内にも今後、対象国を加える予定。

Helping shoppers decide with product ratings on Google Shopping
http://adwords.blogspot.jp/2014/07/helping-shoppers-decide-with-product.html


Product ratings on Google Shopping
https://support.google.com/merchants/answer/6059553

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング