このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

まつもとあつしの「メディア維新を行く」 ― 第42回

セルフパブリッシングの未来(2)

アマゾンで年間利益1000万円の衝撃――鈴木みそさんの場合

2014年05月23日 18時00分更新

文● まつもとあつし

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セルフパブリッシングの未来を考える短期集中企画。前回は、東方の同人小説を取り上げて大きな反響があったが、今回は漫画家の鈴木みそ氏に話を聞く。鈴木みそ氏は、既刊の『限界(ギリギリ)温泉』をKDP(Kindle Direct Publishing)で、あらためて発売。巧みなプロモーションで人気を博し、昨年の利益(注:売上ではない)が約1000万円に達したことを公表し注目を集めている。

商業既刊をセルフパブリッシングして1000万円! 各方面に衝撃を与えた鈴木みそ氏が考える次の一手とは?

年間利益1000万円の衝撃

後編はこちら

―― ブログで2013年の利益が1000万円を超えたと公表され、大きな話題となりました。「電子書籍は儲からない」という声もあるなか、驚いた人も多く、また作家にとっては励みになる数字だと思います。

今回お話を伺ったのは、ASCII.jp読者には今さら説明の必要もないであろう、漫画家の鈴木みそ氏。2013年、既刊を中心にKDPでの販売を開始。年間利益が1000万円に達したことが大きな話題となった。最新刊は『ナナのリテラシー』第1巻(月刊コミックビームにて連載中)

鈴木みそ 「まさにギリギリでしたけどね(笑)。1000万円と6057円でしたので、危うく999万円という中途半端な数字になるところでした」

―― ずばり今年も同じことが再現できますか?

みそ 「昨年の主要なタイトルは7本くらいありました。今年も売れ続けている、主要の4タイトル(『限界集落(ギリギリ)温泉』『アジアを喰う』『僕と日本が震えた日』『マスゴミ』)に今年新しく2タイトル(『Xてんまでとどけ アイゾー版』『ナナのリテラシー』)が加わり計6タイトルのマンガがどのくらい動くか――正直去年の3割くらいかなと思っていたんです。

 ところが、新作『ナナのリテラシー』の電子版が思った以上に好評で、それに引っ張られる形で、昨年展開したタイトルもランキングが上昇して行き、1月、2月に良いスタートダッシュを切れたかなと思いますね。この勢いであれば昨年の半分以上は行くのではないかと。

 それに加えて、この“1000万円越え”の記事がたくさんRTいただいて、ニュースにもなりました。そのことも作品の売り上げに影響していると思いますね。今、月200万円くらいの利益が出ていますので」

鈴木みそ氏の公式ブログ(2014年2月6日)より抜粋

―― 現状で月200万だと、また1000万円超えるんじゃないですか?

みそ 「だと良いのですけどね(笑)。去年も、年初は月300万円とかになっていて、でも段々その数字が落ちていって1000万円だったので、まあ、今年は600万円くらいかなあと」

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART