このページの本文へ

楽天、連結子会社の楽天物流を吸収合併へ

文●通販通信

2014年04月23日 01時18分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 楽天は4月19日、連結子会社の楽天物流を7月1日に吸収合併すると発表した。

 楽天物流は、「楽天ブックス」や「ケンコーコム」、「楽天24」といった同社グループサービスのEC物流を担うとともに、同社の主力サービスである「楽天市場」に出店する店舗に対し、商品の入出荷、保管・在庫管理、梱包、配送、カスタマーサービス、ギフト対応や返品対応を含む各種VAS(バリューアデッドサービス)による総合フルフィルメント&ロジスティクス・サービスである「楽天スーパーロジ」を提供している。

 今回の組織再編により、「楽天スーパーロジ」を含む楽天物流の物流サービス関連資産を同社に吸収することで、「楽天市場」などの各サービスと一体化した効率的な物流サービスの運営・提供が可能となる。これにより、取引先、ユーザーの多様な物流サービスのニーズに応える体制の構築を目指す。

Web Professionalトップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く