このページの本文へ

増税開始の前週、個人消費額が前年比4600円増に

文●通販通信

2014年04月16日 00時53分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image マクロミルは4月15日、消費税8%への引き上げ前後の消費行動について、毎週水曜日に定点観測している「MACROMILL WEEKLY INDEX」のデータから分析し、発表した。

 調査では、8%増税前後の“1週間の個人消費金額の平均”について前年と比較。消費増税が決定した13年10月からその年末までは、多くの週で個人消費金額が前年を下回ったが、14年1月から4月ではほとんどの週で前年を上回った。中でも8%増税直前の3月4週目では、個人消費額が1万9800円となり前年より4600円増となった。

 これまでの定点観測調査の傾向をみると、個人消費金額は年末年始を除く平常時の平均が1万5000円~1万7000円の間で推移しており、3月4週の金額は極めて特異な状態にあったといえる。

 消費税が8%に上がった4月に入ると、個人消費金額は急激に下がり、4月2週目には1万4400円まで落ち込んだ。3月までの駆け込み消費やまとめ買いのストックと、価格上昇の抵抗感によって、消費に一時的な停滞が生まれていることがうかがえる。

 調査対象は全国20~69歳の男女1000サンプル。

 ■「調査結果」(http://www.macromill.com/r_data/20140415mwi/index.html

カテゴリートップへ

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く