このページの本文へ

ネット通販利用者、「クレジットカード使用」が6割以上

文●通販通信

2014年03月25日 02時00分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image ジャパンネット銀行は3月20日、ネットショッピング利用経験のある18歳から69歳の男女600人を対象に、「ショッピングでの支払いに関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、クレジットカード保有者に店頭での支払方法について聞いたところ、購入金額が5000円を超える場合にクレジットカードを利用する傾向が強く、5000円未満ではほかの支払方法を選択していることがわかった。

 次に、クレジットカード保有者にネットショップでの支払方法を聞いたところ、購入金額に関係なく60%以上の人がクレジットカードで支払いをしていた。

 クレジットカードの利点としては、「ポイント・マイレージがたまる」(52.3%)、「公共料金の支払いができる」(42.7%)、「現金の持ち歩きが不要」(40.3%)があげられ、不満・不安点には「年会費」(44.0%)、「カード情報漏洩などセキュリティの問題」(28.7%)、「店によって使えない」(20.3%)があげられた。

 なお、デビットカードの認知度は約1割だった。

 ■「調査結果」(http://www.japannetbank.co.jp/company/news2014/pdf/140320.pdf

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く