このページの本文へ

米Google、参照キーワードの"not provided"問題を解決へ、数ヶ月内に解決策を発表

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2014年03月12日 10時11分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google シニアバイスプレジデント・Amit Singhal氏は2014年3月11日、米国で開催中の SMX West 2014 において、Google 自然検索経由の流入キーワードを取得できない問題を解決する方法を今後数ヶ月以内に提供することを明らかにした。

Google はプライバシー保護を目的に、ウェブ検索を SSL暗号化することを2011年10月に発表。その後、徐々に対象者を拡大していき昨年9月にはGoogleアカウントへのログインの有無を問わず全検索が暗号化されたために Google 経由で来訪してくるユーザーが何のキーワードを使っているのかを判定することが出来なくなった。検索暗号化が実施後、ユーザーが検索結果のリンクをクリックした時に、URLに含まれるキーワード情報を削除されてしまうために、サイト運営者は Google からの来訪者であることは識別できても具体的なキーワードを取得する余地がなくなったことが原因だ。こうして削除されたキーワード情報は、Google Analytics では "not provided" と表示されるため、本件は "not provided 問題" と言われる。

キーワードデータは重要なマーケティングデータの1つであることから多くのウェブマスターは以前から不満を述べていたが解決手段は提示されなかった。しかし今回、Amit 氏が問題解決のために動いていること、数ヶ月のうちにソリューションを発表するということで、再びキーワード情報が取得できる可能性が出てきた。



カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング