このページの本文へ

12月の詐欺サイト検知数、19.7%減の62万3029件

文●通販通信

2014年01月16日 01時11分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グラフ BBソフトサービスは1月15日、12月度の「インターネット詐欺リポート」を発表した。

 同リポートによると、12月度のインターネット詐欺サイトの検知数は、前月比19.7%減の62万3029件だった。詐欺の種類別では、ワンクリック・不当請求詐欺サイト98.3%(前月比11.7ポイント増)、フィッシング詐欺サイト1.0%(同0.4ポイント減)、マルウエア感染サイト0.0%(同0.3ポイント減)、ボーガスウエア配布サイト0.4%(同10.6ポイント減)、ぜい弱性悪用サイト0.3%(同0.4ポイント減)を検知した。

 傾向として12月は、「クリスマスセール」や「福袋」といった文言で消費者を誘い込む詐欺サイトが検知された。さまざまなECサイトで行われているセールのデザインを模倣しているため、詐欺サイトであることに気付きにくく、さらに数量や期間などの限定感を演出していた。月もセール期間が継続するため、引き続き注意が必要。また、会社情報の記載内容の真偽や、支払い方法が銀行振り込みだけであったり、振込先の銀行口座が外国人名義であったりするなど、詐欺サイト特有の特徴がないか確認することも必要という。

 ■「調査結果」(http://www.bbss.co.jp/company/news/2014/news_20140115.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く