このページの本文へ

女性の8割、ソーシャルメディアが「商品購入に影響」

文●通販通信

2014年01月14日 01時35分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グラフ トレンダーズは1月10日、女性の「ソーシャルメディア利用」をテーマとした意識・実態調査を実施し、その結果を発表した。

 まず、アカウントの有無を問わず、「日常的に閲覧しているソーシャルメディア」を聞いたところ、全世代で閲覧者が多いのは「LINE」(45%)、「YouTube」(41%)だった。特に「LINE」については、10代で48%、20代で45%、30代で41%と全年代で4割を上回った。

 2位の「YouTube」、3位の「Twitter」は、10~20代の支持が高かったが、4位の「クックパッド」は、10代で17%、20代で33%、30代で39%と、年代があがるにつれ、閲覧者の割合が増えた。

 「ソーシャルメディアで得た情報で、気になった商品を購入、またはサービスや施設を利用したことがあるか」と聞いたところ、79%が「ある」と回答。「ソーシャルメディアの情報を購買の参考にしている商品・サービス」は「アプリ」(38%)、「化粧品」(30%)、「洋服・雑貨」(28%)、「食品・飲料」(26%)が上位となった。

 調査期間は12月5日、調査対象は10~30代の女性1486人。

 ■「調査結果」(http://socialgirlslab.com/pr20140110/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く