このページの本文へ

ASRock「Z87 Extreme11/ac」

まさに圧巻! 22のSATAポートを搭載するASRock製Z87マザー

2013年12月13日 23時50分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 なんと22ものSATAポートを標準搭載するZ87チップセット搭載マザーボード「Z87 Extreme11/ac」がASRockから登場、ドスパラ パーツ館で販売が始まった。

ASRockのスーパーハイエンドモデル、Z87チップセット搭載マザーボード「Z87 Extreme11/ac」が販売開始

 ご覧の通り、ずらりと並んだ22のSATAポートはまさに圧巻。LSI「SAS 3008」コントローラーと「3X24R Expander」をオンボードで搭載することで、最大22台のSAS/SATAストレージを同時に接続できる(内16ポートがSAS対応)。
 そのほかの機能も満載。拡張スロットはPCI Express(3.0) x16×4、PCI Express x1×3で、PCI Express3.0ブリッジチップ「PEX8747」による4-Wayのマルチグラフィックスをサポート。メモリーはDDR3-DIMM×4(DDR3-2933+(OC)/2800(OC)/2400(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066、最大32GB)。

a
ずらりと並んだ22のSATAポートはまさに圧巻。LSI「SAS 3008」コントローラーと「3X24R Expander」をオンボードで搭載することで、最大22台のSAS/SATAストレージを同時に接続できる
PCI Express3.0ブリッジチップ「PEX8747」による4-Wayのマルチグラフィックスをサポートする

 オンボードインターフェースとして、デュアルギガビットイーサネット(Intel)、8chサウンド、Wi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth v4.0などを装備。サウンドはRealtek「ALC1150」とTI製アンプ「NE5532」で構成される「Purity Sound」。I/O部にはThunderbolt×2、DisplayPort、HDMIを備える。
 なおハイエンドモデルらしく、2.5倍の長寿命を誇る日本製コンデンサー「Premium Gold Caps」や「Dual-Stack MOSFET」など、高品質なコンポーネントを搭載。電源回路は、効率的かつスムーズな電圧制御を可能にする「Digi Power」仕様の12フェーズ電源を採用している。
 価格は7万9800円とこちらもモンスター級の設定だ。

I/O部にはThunderbolt×2、DisplayPort、HDMIを備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社