このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ニコン DfにLUMIXにα7……この冬注目のデジタル一眼7機種を徹底検証!第2回

フルサイズ機圧勝か!? 感度別画質を横並び比較!

2013年12月03日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 この冬話題になっているレンズ交換式デジカメ。前回は、本特集で取り上げる7機種の外観や機能を紹介したが、今回は感度別撮影サンプルで画質をガチ比較してみたいと思う。

 機種ごとに設定できる感度に若干の差があるが、近い数値で比較してみた。

今回取り上げるデジカメたち

ニコン「Df」 「FUJIFILM X-E2」
ニコン「Df」「FUJIFILM X-E2」
「α7R」(左)と「α7」(右)
パナソニック「LUMIX GX7」 パナソニック「LUMIX GM1」
パナソニック「LUMIX GX7」パナソニック「LUMIX GM1」
オリンパス「E-M1」 オリンパス「E-M1」

微妙に異なる感度設定

 ニコン「Df」は基本設定はISO 100からISO 12800までで、感度拡張機能としてISO 50の設定とISO 12800に対して4段分までの増感処理が可能だ。最大ではISO 204800相当の撮影が行なえることになる。

 富士フイルムの「X-E2」はISO 100からISO 25600まで設定が可能。ソニー「α7R」と「α7」は基本設定でISO 100からISO 25600まで、感度拡張機能によりISO 50の選択が可能になる。

 パナソニックの「GX7」と「GM1」はISO 125からISO 25600まで、オリンパスの「E-M1」はISO 100からISO 25600まで設定可能だ。

 撮影は写真撮影用の蛍光灯を使用して絞り優先オート、F8(Dfのみ感度が高くなりすぎるためF11)に設定してオート露出にしている。ハイライトやシャドーのコントラスト調整系の機能はすべてオフの状態にしている。

 なお、基本的には販売キットで撮影しているため、今回装着したレンズもキットレンズだ。「Df」と「GX7」は単焦点レンズでほかはズームレンズになっている。ズームレンズの場合は望遠側で撮影を行なった。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART