このページの本文へ

水口哲也プロデュース、歌声ライブラリ「VY1」を採用

iPhoneでボカロ曲が作れるアプリ「VOCALOID first」

2013年11月07日 21時35分更新

文● 八尋/ASCⅡ.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「VOCALOID first」

 ヤマハは11月7日、ボカロ曲が作成できるiPhone/iPod touch/iPad向けアプリ「VOCALOID first」の提供を開始した。価格は無料。

 VOCALOID firstは、プロデューサーにメディアデザイナー/ゲームデザイナーの水口哲也氏を迎えて開発され、メロディー素材をブロック単位で並び替えるだけで伴奏付きの楽曲を制作できる。メロディーブロックは後からでも並び変えや削除が可能だ。アプリの歌声は、日本語女声の歌声ライブラリ「VY1」を採用している。

楽曲テーマに沿って曲作りが可能ブロックを並び替えるだけで楽曲を制作できる

 音の高さは音符単位で微調整が可能だ。音符を複数選択すると、楽曲に沿った歌詞の候補が自動に提案されるので、簡単に曲を作成できるという。自由に歌詞を入力することも可能だ。

 完成した楽曲はm4a形式のオーディオファイルとして外部にメールで送信できる。アプリには最初から無料の「はじめてのボカロの歌」、「純真ガール☆ポップチューン」、「chねら~@川柳 ボカロ味」の3種類の楽曲テーマが入っており、メロディー素材/歌詞候補ワード/背景画像、サムネイルが含まれている。有料で利用できる楽曲テーマも用意される予定だ。

VOCALOID first - Yamaha Corporation
VOCALOID first - Yamaha Corporation
価格 無料 作者 Yamaha Corporation
バージョン 1.01 ファイル容量 174 MB
カテゴリー ミュージック 評価 (無し)
対応デバイス 全機種 対応OS iOS 5.0以降

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中