このページの本文へ

eSATA、Thunderbolt関連周辺機器でも注意が必要

「OS X Mavericks」でWD社製の外付けHDDデータ消失の恐れ

2013年11月05日 18時02分更新

文● 八尋/ASCⅡ.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「OS X Mavericks」で、外付けHDDでデータ消失が起きている

 Western Digitalは11月5日、「OS X Mavericks」のアップグレードで、WD製外付けHDDで複数のデータ消失が起きていることを認めた。同社はOS X Mavericksへのアップグレードを当面中止し、必要な処置を取るよう顧客に呼びかけた。

 同社によると現時点では原因は究明できておらず、調査中だという。OS X Mavericksのアップデートの延期を呼びかけ、すでに実行している場合は、WDドライブ・マネージャー/WD Raidマネージャー/WD SmartWareソフトウェアアプリケーションを消去し、再起動することを勧めている。同社は対応として、これらのソフトウェアアプリケーションをウェブ上でダウンロードできないようにし、サポートフォーラムでアンインストールの方法を公開した。

 米Apple社のサポートフォーラムでは、OS X Mavericks公開後に、eSATA ExpressやThunderbolt周辺機器の使用時の様々な問題が報告されており、Western Digital以外の製品でも注意が必要としている。

 問題が解決するまでにOS X Mavericksのアップデートが必要な場合、完全なバックアップを取るなどの対処が必要だ。

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中