このページの本文へ

西友、DeNA ネットスーパーとEコマースを融合したショッピングサイト「SEIYUドットコム」を正式オープン

文●通販通信

2013年06月28日 01時11分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

image 西友とDeNAは、6月27日、ネットスーパーとEコマースを融合したショッピングサイト「SEIYU ドットコム」を正式オープンした。「いつ来ても低価格」「豊富な品揃え」など、西友実店舗の強みをオンラインでも生かし、競合他社との差別化を図る。サービス開始時は、食品や日用品を中心に、最大2万4,000アイテムを扱う。今後3年間で、10万品目まで増やしていく予定だ。

 西友は2012年7月に、DeNAとオンラインショッピングサービスに関する契約を締結。同年11月に、DeNAが培ってきたウェブサイトの開発、運営技術に基づき、「SEIYUネットスーパー」のユーザー・インターフェースを刷新した。買い物かごに入れた商品数や、商品写真を表示させるなど、実店舗で購入しているような利便性を追求。刷新後のネットスーパー売上は、継続的に前年同期比50%増を達成しているという。

 正式オープンした「SEIYUドットコム」では、従来の実店舗から近隣エリアへ商品を配送する「ネットスーパー便」に、配送センターから商品を配送するEコマース型の「配送センター便」を新たに加え、全国配送を開始。またこれまで西友の実店舗では取り扱いがなかった、親会社ウォルマートの米国子会社であるウォルマートUSからの直輸入品を集めた、「アメリカンコーナー」を新設している。

 ネットスーパー便は、17都道府県、109店舗で展開。午後3時までに注文すれば当日配達も可能(一部エリアでは対応していない時間あり)。配送センター便は、一部地域を除く全国展開となっている。通常は、注文から1〜3日以内で商品を配送する。サービス開始当初は、配送日の指定はできないが、7月下旬より指定日配送を開始する予定。配送料は、5,000円(税込)以上の利用で無料となる。5,000円未満は、315円(税込)が発生。なお配送料は、一度の注文でネットスーパー便と配送センター便を利用した場合でも合算して計算されるため、合計金額が5,000円を上回っていれば、無料の対象となる。

 また、DeNAが運営するショッピングサイト「DeNAショッピング」と、SEIYUドットコムの会員IDおよびポイントを共通化し、双方の買い回りを促進する。今後DeNA IDは、今秋に「DeNAとラベル」に名称変更を予定している、旅行予約サイト「スカイゲート」においても導入される予定だ。

 正式オープン当日に都内で開催された記者発表会には、タレントの佐々木健介・北斗晶夫妻が出席。日頃からネットスーパーを利用している北斗晶氏は、「女性はお気に入りの商品を使い続ける傾向にある。(売れ筋じゃないと店頭からなくなってしまうこともあるので)商品数が多いネットスーパーは便利だ」と説明した。

 ■SEIYUドットコム(http://www.the-seiyu.com/front/contents/top/

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. 2019年注目のサービス「Google Discover」 仕組み、SEOへの影響、最適化手法 4
  2. ブロックチェーンソーシャルメディア「ALIS」のオープンβ版を公開 3
  3. マイクロソフト、ユーザー行動分析ツール「Clarity」を公開 2
  4. 米Google、再検索や再訪問を容易にするアクティビティカードをリリース 0
  5. Googleレンズが強化、10億点以上を識別可能に 0
  6. フロントエンド開発の現場で役立つJavaScriptの知恵10選 79
  7. CSSフレームワーク、モダンJavaScript、AmazonのUX…2017年のアクセス1位は? 31
  8. Google社員がSEOの質問に答える AMA with Google Search SMX West 2017 15
  9. アイコンだけでダウンロード数が34%アップ!実例に見るA/Bテスト成功の秘策 14
  10. Nodeベースの次世代CMS「KeystoneJS」はWordPressの代わりになるか? 12
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く