このページの本文へ

通からビギナーまで、日本酒好きなら要チェックだ

銘柄の検索もラクラク!飲んだ日本酒を記録するスマホアプリ

2013年06月21日 13時04分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
飲んだ日本酒をこのように記録できる
「Sakenote (サケノート) 」。無料

 世界的にも「Sake」として知名度の高い日本酒。通ともなれば、数十、数百の銘柄を飲んでいるはずだが、中でもお気に入りの一本を見つけたら記録しておきたいものだろう。また、「ビールやチューハイもいいけど、そろそろ日本酒に入門してみたい」という初心者の方もいるはず。

 そんな人たちの助けとなるのが、ソニックガーデンが6月21日より提供を開始した日本酒専用のスマホアプリ、「Sakenote (サケノート) 」だ。価格は無料。先行リリースしたiPhone版は、発表後約3ヵ月で1万ダウンロードにせまる好評を得ているという。

 Sakenoteは、飲んだ日本酒の味の感想や瓶のラベル、一緒に食べた料理写真を「アルバム」として管理できる。また、飲んだ場所を自動的に記録するため、アプリを開けば地図上で確認できる。

 特にユーザーを助けるのが、数千におよぶ銘柄/蔵元の情報がアプリ内に登録されていることだ。日本酒の銘柄名は難しい漢字や読みが多く、似た名前のものも多い。しかしSakenoteなら、銘柄の一部を入力することで、目当ての酒を探し出してくれる。

瓶のラベルはもちろん、味の感想や、合いそうな料理などをメモしておける銘柄の一部を入力すると候補が出てくる。初心者には特に嬉しいだろう

 今後は、酒蔵や飲食店とのコラボレーション機能を追加していく予定とのこと。日本酒通もビギナーもチェックしておきたいアプリだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中