このページの本文へ

通勤・通学中のネット接続、地下鉄電波開通で平均22分に急増

文●通販通信

2013年04月12日 00時54分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グラフ 楽天リサーチは4月9日、「地下鉄でのインターネット利用に関するインターネット調査」を実施し、その結果を発表した。

 地下鉄走行中の携帯電話の電波開通を受けて、通勤・通学中のスマートフォンでのインターネット接続時間を聞いたところ、電波開通前の一日平均接続時間が13分だったのに対し、電波開通後は1.7倍の22分となった。

 電波開通によるインターネット接続のコンテンツ利用頻度を聞いたところ、増えたものは1位「ニュースサイトの閲覧」(49%)、2位「検索サイトでの調べ物」(45%)、3位「メールの利用」(40.4%)だった。

 このほか、電波開通に対しての不安や期待を聞いたところ、懸念として多く上がったのは「車内マナーの悪化」だった。一方、期待することは「Wi-Fiも同じくらい幅広く利用できるようにして欲しい」「3GだけでなくLTEでも接続できるエリアを増やして欲しい」など、接続面への期待が大きかった。

 調査期間は4月5日から7日、通勤・通学で東京メトロ各線・都営地下鉄各線を利用し、スマートフォンを主に利用している15歳から69歳の男女500人を対象に実施した。

 ■「調査結果」(http://research.rakuten.co.jp/report/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く