このページの本文へ

アマゾン、低価格商品の無料配送サービスを終了

文●通販通信

2013年01月10日 00時52分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アマゾンジャパンは、一部の低価格商品について、単品での販売および無料配送を終了した。

 新たに「あわせ買いプログラム」を導入し、2500円以上(税込)の商品の複数注文で送料を無料にすることで、配送コストの改善を狙う。

 現段階で「あわせ買い」の対象になっている低価格商品は鉛筆や砂糖、消臭スプレーといった食料品や家庭用品などの約10品目。今後、対象商品を拡大する。通常配送無料の対象外となる商品は、検索画面や商品詳細ページ、注文確定画面において「あわせ買い対象」と記載されたアイコンが表示される。

 同社は、2010年から全商品無料配送サービスを開始し、単品の注文や商品サイズに関わらず段ボールを配送時に利用する物流システムを構築してきた。なお、「あわせ買い」はAmazonプライム会員(年会費3900円)も対象となる。

 ■「Amazon.co.jp」(http://www.amazon.co.jp

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. CSSフレームワーク、モダンJavaScript、AmazonのUX…2017年のアクセス1位は? 31
  2. TV露出のカギは?現役放送作家が語る、広報の極意 3
  3. 採用サイトを自社で公開するメリットとは 1
  4. 開発者のやりとりも捗る!プロトタイピングツール「InVision」って何? 1
  5. コスト0円からできる、ウェブ上での人材獲得術【11/15開催セミナー】 1
  6. なぜいまさら「ブログ」なの?KDDIウェブに聞く新サービスの狙い 219
  7. 全部知ってる?今後のサイト制作で押さえたいCSSの最新プロパティ9選 161
  8. フロントエンドエンジニアが絶対読んでおきたいJavaScript最新記事ベスト10 119
  9. ブラウザーだけでWatsonが使える!人工知能アプリの作り方 92
  10. ビジネスサイト運営が捗る!WordPress厳選プラグイン10+1 80
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く