このページの本文へ

新規利用は今後50ドル/年の課金

無料版は廃止!Google Appsはすべて有料へ

2012年12月08日 10時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米グーグルは、企業向けアプリケーションスイートであるGoogle Appsの無料版を廃止し、今後すべて有料版に移行していくことを「Changes to Google Apps for businesses」という12月6日投稿のブログで発表した。現時点で、既存ユーザーはこれまで通り無料で利用を継続できるという。

 Google AppsにはGmailとGoogle Drive、文書作成、スプレッドシート、プレゼンテーションなどのアプリケーションが含まれる。Google Appsの無料版は、小規模ユーザー向けにサービス開始当初から提供してきたものだが、今後新規利用する場合は企業規模を問わず50ドル/年の利用料が発生するという。なお、サービスには24時間の電話サポート、25GBの受信トレイ容量、99.9%のアップタイム保証などが含まれる。

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ