このページの本文へ

Apps専任スタッフが対応

Google Appsで日本語による24時間電話サポートを開始

2013年01月24日 06時00分更新

文● 八木澤健人/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月23日、グーグルはクラウドベースのビジネス向けツール群「Google Apps for Business」の電話サポートを24時間日本語で対応すると発表した。平日10:00から17:30まで行なっていた日本語での電話サポートを24時間に拡張する。

Google Apps for Businessは1ユーザーあたり年間6000円で利用できるサービスだ

 これまで24時間の電話サポートは英語のみに限られていた。サポートはGoogle Apps専任のスタッフが対応し、導入規模の大小を問わず利用可能。電話以外にもメール、サポートポータル、オンラインヘルプセンターを通じて24時間サポートを受けることができる。

 なお、先頃Google Apps for Businessは料金体系が変更され、無償版が廃止されている。これはユーザーから容量制限の緩和や24時間サポートを求める声が高まったことによる対応だとしている。すでに無償版を利用しているユーザーについては、引き続き無料で利用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ