このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

メイドロボも間近!? ロボット掃除機の実力を見よ! ― 第2回

エンタメに優れるCOCOROBO、コンパクトなAIM-ROBO2

メイドロボと安価、両極端なロボット掃除機をじっくりテスト

2012年08月30日 12時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メイドにもっとも近い「COCOROBO」
コンパクトで1万円を切る価格の「AIM-ROBO2」

 第1回となる前回はランダム走行で確率に賭けるiRobotのルンバと、掃除は荒いが早さはダントツのLGエレクトロニクス製HOM-BOT 2.0という、メーカーも国籍も掃除の仕方も真っ向から違う2つを紹介した。

シャープのCOCOROBO(RX-V100)は市場価格11万円ほどと、高いと言われるダイソンの掃除機よりも高価だが、萌え要素が詰まっている。LAN接続とスマホ連携ができない廉価版もアリ(RX-V80、市場価格は7万5000円ほど)

 さて、本特集の裏テーマに「メイドさんに一番近いロボット掃除機を探そうぜ!」というドリーム(妄想)があるのだが、今回紹介する1台目、シャープ「COCOROBO」は音声認識とココロエンジンなる仮想人格を持った掃除機で、なんと関西弁でおしゃべりできる(シャープは大阪が本社だからね! コレがかなり萌える!)という、ある意味特集の本命機だ。

 しかも、無線LANにつなげてスマートフォンから操作したり、内蔵カメラで部屋の様子を見たりといったASCII.jp読者が垂涎する機能が満載! もはやロボット掃除機のカタチをしたメイドさんとも言えるだろう。

 難点は価格がおよそ11万円と一番高価なところ。ただし、通信機能をやボイスコミュニケーションを省いた廉価版(7万5000円ほど)もある。

 一方、ツカモトエイムの「ロボットクリーナー ミニ」(AIM-ROBO2)は、市場価格がおよそ7500円とCOCOROBOの1/10で、そのぶん機能も必要最低限しかないが、小さくコンパクトなので小回りが利き、散らかった部屋ではかなり重宝する掃除機だ。しかも、今回紹介する6機種のうち、唯一自動的に充電台に戻らない機種。「掃除を終えるときはバッテリーが切れたとき」という斬新さと、部屋で行き倒れになっている姿が慎ましやかで、ドジッ娘メイドさんの萌え要素がある。

ツカモトエイムのロボットクリーナー ミニ(AIM-ROBO2)は、市場価格7500円と格安で機能も最小限。行き倒れる様に萌えを覚える。なお、自動充電も可能なハイエンドモデル(およそ5万円)もアリ

 今回のロボット掃除機は、仮想人格&関西弁萌えvsドジッ娘メイドさんの萌えの戦いとも言えるだろう。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART