このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

楽天koboがいよいよスタート! 編集部でも使ってみた

2012年07月20日 11時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
編集部に届いていた「kobo Touch」のパッケージ

 楽天は19日、独自の電子書籍サービス「楽天kobo」のサービスを開始。合わせて専用の電子書籍端末「kobo Touch」を発売した。

 7980円という格安価格の電子書籍端末として話題を呼んでいるkobo Touch。編集部にも届いていたので、早速ファーストインプレッションをお届けしよう。

まずは開封!
マニュアルレスのシンプルなパッケージ

kobo Touchと同梱物。簡単なスタートガイドのほかに紙のマニュアルはない

 kobo Touchについて簡単に説明すると、ディスプレーに6インチのE-Ink社製電子ペーパーを採用した、電子書籍端末である。サイズは幅114×奥行き165×高さ10mm、重さは約185gと、ポケットに入れるには少し大きいが、女性のハンドバッグにも入る程度のサイズと軽さだ(各部詳細はこちらも参照)。

本体カラーはピンクっぽい「ライラック」。ほかに3色のカラーバリエーションがある

 パッケージを開けると中には、本体とUSBケーブル(micro~標準サイズ)、そして「ウェルカムガイド」という簡単な小冊子、安全上の注意書きが入っているだけ。非常にシンプルだ。kobo Touchは初めて使う前に、パソコン(Windows、Mac)にUSB接続してアクティベーションを行なう必要がある。ガイドにはそのためのソフトウェアのダウンロード先と、各部の説明書きが書かれている程度。記者は特に問題を感じなかったが、低価格ゆえに初めて電子書籍端末を買うエントリーユーザーは、これで大丈夫だろうかと要らぬ心配も頭に浮かぶ。

パソコン用の管理ソフト「Kobo Desktop」は、ウェブサイトからダウンロード。WindowsとMac OS Xに対応するKobo Desktopのセットアップ。サービス側とのデータ同期にやや時間がかかるので注意
Koboの大きな特徴がFacebook連携機能。読んだ本について、本の情報(サムネイルや概要)つきで投稿したり、獲得した「バッジ」を投稿できる。そのためFacebookへのアクセスを許可しておく必要がある

 パソコン用の管理ツール「Kobo Desktop」のセットアップは簡単だ。記者はすでに楽天のアカウントを持っているので、そのアカウント名とパスワードでログインするだけという手軽さもいい。

楽天会員なら、アカウント登録の手間もいらない。この手軽さは既存の電子書籍サービスではなかなかない

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART