このページの本文へ

ポイントカード所有者、85%が買い物でポイント付与を意識

文●通販通信

2011年08月03日 10時13分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 矢野経済研究所は8月2日、「ポイントサービス市場に関する調査結果 2011」を行い、調査結果を実施した。

 国内のポイントカード所有者500人へのインターネットアンケート調査結果によると、現在のポイントカードの平均所有枚数は9.9枚、平均携帯枚数は6.3枚となり、2007年調査と比較して増加している傾向が見られた。

 買い物をする際に、ポイント付与を意識して買い物をしているポイントカード所有者は85.4%と8割以上を占め、2009年の79.8%を上回った。

 また、ポイントサービスが顧客の囲い込みに有効に機能していると感じる企業は98.0%。サービス導入により実際に売上が向上したと76.0%の企業が回答した。

 調査期間は2011年5月~7月、調査対象はポイントサービス展開企業、ポイント関連ソリューションベンダ、共通ポイント事業者/ポイント交換事業者、ポイントカードユーザー。調査方法は当社専門研究員による直接面談、電話・メールによるヒアリング、ならびに文献調査併用。

 ■「ポイントサービス市場に関する調査結果2011」  (http://www.yano.co.jp/press/press.php/000817

カテゴリートップへ

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く