このページの本文へ

コンパクトボディなのにハイスペック&防水防塵が魅力

やっぱり来た! 国内初のWindows Phone 7端末はau&東芝

2011年07月27日 10時05分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは国内初のWindows Phone 7.5(コードネームはMango)搭載スマートフォン「Windows Phone IS12T」を発表した。発売は9月以降。

国内第一弾のWindows Phone 7.5端末はauからリリースされた

 端末の開発・製造は富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(ブランドは東芝)が担当。基本的に統一されたスペックを採用するWindows Phone 7端末でありながら、防水・防塵対応に加え、1320万画素CMOSカメラを搭載。一方で本体サイズは約59×118×10.6mmと、3.7型液晶を搭載するフルタッチ型スマートフォンの中でも、かなりコンパクトな筐体を採用しているのが特徴的だ。

コンパクトなボディに加え、Citrus/Magentaのカラーも魅力的

 UIや内蔵ソフトウェアについては、Windows Phone 7そのもの。PC版と同じレンダリングエンジンを持つIE9、アドレス帳やSNS、メールなどを一元管理できる「Peopleハブ」、Windows Liveサービスとの連携、Xbox LiveやZuneなどのエンターテインメント関連の機能も標準搭載される。なお、Cメールについては現時点では受信のみ、キャリアメール(@ezweb.ne.jp)は今後アプリケーションのダウンロードで利用可能になる予定だ。

 IS12Tの発表会はKDDI、日本マイクロソフト、富士通東芝モバイルコミュニケーションズの3社共同で開催されている。発表会の模様や製品の詳細については、また後ほど続報の形で掲載予定だ。

「Windows Phone IS12T」の主要スペック
メーカー 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 3.7型液晶
画面解像度 480×800ドット
サイズ 約59×118×10.6mm(最厚部13.3mm)
重量 約113g
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8655 1GHz
OS Windows Phone 7.5
WIN HIGH SPEED
国際ローミング CDMA/GSM(CDMAはデータ通信のみ)
カメラ画素数 約1320万画素CMOS
バッテリ容量 1460mAh
FeliCa ×
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水
メール(@ezweb.ne.jp) ×(10月上旬対応予定)
Cメール △(受信のみ)
連続待受時間 約280時間
連続通話時間 約400分
カラバリ Citrus/Magenta/Black
発売時期 9月以降

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART