このページの本文へ

楽天とマイクロソフト、ウェブメールサービス で提携

文●通販通信

2011年07月22日 09時49分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天とマイクロソフトコーポレーションは7月21日、楽天の運営するウェブメールサービス「Infoseek メール」のプラットフォームに、マイクロソフトの運営するクラウドサービス「Windows Live」を採用し、共同ブランドでInfoseekメール会員向け専用のWindows Liveサービスを提供することに合意した。

 今回の合意に基づきInfoseek メールは、9月からマイクロソフトの運営する個人向けクラウドサービス「Windows Live」を採用した新しいウェブメールサービスに移行する予定。

 これにより、Infoseekメールのユーザーは、「@infoseek.jp」のメールアドレスのままで、Windows Liveの提供するHotmailやMessenger、オンライン ストレージなどを利用できるようになる。

カテゴリートップへ

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く