このページの本文へ

楽天とマイクロソフト、ウェブメールサービス で提携

文●通販通信

2011年07月22日 09時49分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天とマイクロソフトコーポレーションは7月21日、楽天の運営するウェブメールサービス「Infoseek メール」のプラットフォームに、マイクロソフトの運営するクラウドサービス「Windows Live」を採用し、共同ブランドでInfoseekメール会員向け専用のWindows Liveサービスを提供することに合意した。

 今回の合意に基づきInfoseek メールは、9月からマイクロソフトの運営する個人向けクラウドサービス「Windows Live」を採用した新しいウェブメールサービスに移行する予定。

 これにより、Infoseekメールのユーザーは、「@infoseek.jp」のメールアドレスのままで、Windows Liveの提供するHotmailやMessenger、オンライン ストレージなどを利用できるようになる。

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. 問い合わせが来る採用サイトのポイントとは 2
  2. Sketch使いなら試してみたい!UIデザインツールへ進化した「Framer」とは? 1
  3. 広告運用担当者が2018年に押さえておきたい、3つの変化 1
  4. Web担当者が知っておきたい、「読んでもらう」ための写真素材の選び方 1
  5. 日本のUIデザインシーンは3年でどう変わったか? 坪田 朋さんに聞く 1
  6. なぜいまさら「ブログ」なの?KDDIウェブに聞く新サービスの狙い 219
  7. 全部知ってる?今後のサイト制作で押さえたいCSSの最新プロパティ9選 161
  8. フロントエンドエンジニアが絶対読んでおきたいJavaScript最新記事ベスト10 119
  9. ブラウザーだけでWatsonが使える!人工知能アプリの作り方 92
  10. ビジネスサイト運営が捗る!WordPress厳選プラグイン10+1 80
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く