このページの本文へ

マガシークと小学館、震災復興支援チャリティを開始

文●通販通信

2011年04月19日 10時04分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 マガシークと小学館は4月18日、マガシークが運営するファッションECサイト「magaseek」において、「東日本大震災復興支援チャリティ CanCam × AneCan チャリティプロジェクト with magaseek」を開始した。

 同プロジェクトは、雑誌『CanCam』『AneCan』専属モデルの私物セットを「magaseek」サイトで抽選販売し、売り上げを東日本大震災の被災地へ寄付する復興支援プロジェクト。販売アイテム数は32点、実施期間は4月18日から 6月6日まで。価格は5000円~4万5000円。売り上げは被災者への義援金として、日本赤十字社へ全額寄付する。

 CanCam専属モデルの私物は4月18日から販売を開始し、AneCan専属モデルの私物は4月21日から販売。私物セットにはモデル本人のサイン色紙が付いている。また、同プロジェクトは、CanCam 6月号(4月23日発売)、Anecan 6月号(5月7日発売)の誌面にも掲載される。

 ■「CanCam × Anecan チャリティプロジェクト with magaseek」  (http://www.magaseek.com/user/UserMain/jsp/special/ch_top

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く