このページの本文へ

「価格.comトレンドサーチ」に“競合分析”機能を追加

文●通販通信

2011年01月20日 09時45分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カカクコムは1月19日、同社が運営する「価格.com」の製品情報に基づいて蓄積されるログデータを閲覧・ダウンロードできる法人向けデータ提供サービス「価格.comトレンドサーチ Enterprise版」において、消費者による製品同士の比較状況がわかる「競合分析」機能を実装した。

 「競合分析」では、「価格.com」のユーザー行動をもとに、パソコン、家電、カメラ、ゲーム、携帯電話、自動車カテゴリ内の268カテゴリ、26万製品と、それら製品とともに頻繁に比較検討されている競合製品の比較状況を紹介。

 この機能により、“自社製品と頻繁に比較されている製品””どちらの製品が、よりユーザーに選ばれているか”など、購入前段階の自社製品とライバル製品との比較検討状況が把握できる。

 ■「参考:2010年冬のボーナス商戦時の人気製品の競合分析データ例」  (http://kakaku.com/trendsearch/campaign/rival/

カテゴリートップへ

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く