このページの本文へ

ヤフー、Google検索導入テストを拡大? Twitterで言及数が増加

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年11月17日 18時49分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Yahoo! JAPANが検索エンジンにGoogleを採用すると発表して、3ヶ月と半月ほどの時間が経過した。今年9月には一部ブラウザを対象にGoogle導入テストをしていることが確認されたが、本日、2010年11月17日お昼の時点で、その対象範囲が広がっている模様だ。

筆者が確認用に用意している環境(45ブラウザ/15クライアント(Windows、IE8、Firefox、Google Chrome)でも、テスト対象ブラウザ数が昨日時点の12から20に増加したことを確認した。また、社内でも関連部署にて、Yahoo! JAPANの自然検索結果がGoogle相当に切り替わったとの報告が本日時点で増加している。他のユーザはどうかとTwitterの言及を見ても、「Yahoo!がGoogleに変わった」と報告しているユーザが午前中から増えていることがGoogleリアルタイム検索で確認できるので、おそらくテストの対象ユーザ数が増えたと推測される。まだ従来の検索結果のままであるというユーザも多数いるため、全面的には切り替わっていないと考えられる。

Yahoo! JAPANの自然検索のバックエンドがGoogleに切り替わってきているとはいえ、「両者が見た目で全く同じ検索結果になる」というわけではない。

たとえば、(注 以下、2010年11月17日時点確認)、検索結果ページで従来から提供していた、Yahoo! JAPANの人気コンテンツはそのまま残るほか、ブレンド検索で混在表示する各コンテンツ(地図、ニュース、各種クチコミ、Q&A、不動産など)も、Googleがクロールしてきたサードパーティサイトのものではなく、Yahoo! JAPANが運営するプロパティからの提供になる。ブレンド検索(ユニバーサル検索)の仕組みも両者で異なる。

さらに、最近リリースされた、ローカル検索と統合されたGoogleプレイスや、UI設計にかかわるGoogleインスタントプレビューといった機能は、提携内容から推測するに提供されない公算が大きいうえ、Googleパーソナライズ検索Googleソーシャル検索など、Googleアカウントと紐づく機能も提供されていない。最新トピックスやニュースのランキング方法(ブースティング)も今までのテストでは確認できていない。

従って、文字通り『Google のサイト上とは違う体験をすることができる』(2010年7月発表の同社プレスリリースより)Yahoo! JAPANの検索サービスとして引き続き提供されていく、という点は改めて理解しておきたい。

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. 2019年注目のサービス「Google Discover」 仕組み、SEOへの影響、最適化手法 4
  2. ブロックチェーンソーシャルメディア「ALIS」のオープンβ版を公開 3
  3. マイクロソフト、ユーザー行動分析ツール「Clarity」を公開 2
  4. 米Google、再検索や再訪問を容易にするアクティビティカードをリリース 0
  5. Googleレンズが強化、10億点以上を識別可能に 0
  6. フロントエンド開発の現場で役立つJavaScriptの知恵10選 79
  7. CSSフレームワーク、モダンJavaScript、AmazonのUX…2017年のアクセス1位は? 31
  8. Google社員がSEOの質問に答える AMA with Google Search SMX West 2017 15
  9. アイコンだけでダウンロード数が34%アップ!実例に見るA/Bテスト成功の秘策 14
  10. Nodeベースの次世代CMS「KeystoneJS」はWordPressの代わりになるか? 12
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く