このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Google Insightで関東と関西の意外な違いを発見!

SEO成功で売り上げ減「せんべい」をキーワード分析

2010年03月16日 11時00分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Yahoo! JAPANでもGoogleでも、「金沢 せんべい」で調べると1位に表示されるのが創業80年のせんべい屋今屋だ。Webサイトを開設したのは2001年。はじめはお店の宣伝目的だったが、2004年からはネットショップを立ち上げ、順調に売り上げを伸ばしてきた。集客は検索エンジンとリスティング広告からが多く、「金沢 お土産」でも上位表示されるほか、金沢銘菓として知られる「柴舟」(生姜汁と糖蜜を合わせた引蜜を塗ったせんべい)や、柴舟に金箔を散らした今屋のオリジナル商品「泊のかおり」でも上位に表示される。

今屋のWebサイト「せんべい浪漫」
今屋のWebサイト「せんべい浪漫」

 特別な検索エンジン対策(SEO)をしているわけではない。せんべい屋としては比較的早い時期にネットショップを始めたこと、「せんべい」というビッグワードではなく、「金沢 お土産」や「柴舟」のように、地域色の強いキーワードで集客しており、ライバルが比較的少ないのが成功の秘訣のようだ。

 今屋の今 学社長によると、「実は以前、SEO業者に頼んで『せんべい』で上位表示されたこともあるんです。ところが、1ページ目に表示されるようになったとたん、ちっとも注文が来なくなって、SEOはやめました」という。「上位に表示されたら売り上げが減ったとSEO業者に言ったんですが、『そんなはずはない』と言われてしまって……。ネットショップは上位に表示されない方が売れるんでしょうか?」――いったい、今屋のネットショップに何が起きたのだろうか?

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング