このページの本文へ

ブラシ機能などを強化 アップル「Aperture 3」発売

2010年02月10日 10時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルジャパンは9日、プロ向け写真管理ソフト「Aperture」(アパチャー)のバージョン3を発表した。価格は1万9800円で、現行ユーザーのアップグレード価格は9800円。30日間のフリートライアル版をも用意する(ダウンロードページ)>

Aperture Aperture 3

 2008年2月にバージョン2を発表して以来、約2年ぶりのメジャーバージョンアップとなり(関連記事)、200以上の新機能を搭載したという。

 例えば、写真に写っている人の顔を認識して、顔で写真を整理できる「人々」、写真に埋め込まれた位置情報を元に撮影した場所で写真を探せる「撮影地」といった、写真管理ソフト「iPhoto '09」で導入した検索機能を追加した。

 レタッチ系のツールもアップデートした。写真を部分的に調整する15種類の「ブラシ」を採用しており、覆い焼き、焼き込み、ポラロイド風、ぼかしといった効果をレイヤーマスクなどを使わずに実行できる。ワンクリックで特定のスタイルや効果を適用できる「調整プリセット」も用意した。

 そのほか、写真、オーディオ、テキスト、HDビデオを組み合わせたスライドショーも作れる。スライドショーをiTunesに書き出せば、iPhoneやiPod touchに入れて持ち歩くこともできる。

 対応OSは、Mac OS X 10.5.8以上。対応機種は、Mac Pro MacBook Pro、MacBook、MacBook Air、iMac、Mac mini。動作には1GB以上のメモリー(Mac Proでは2GB)が必要だ。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中