このページの本文へ

米Googleモバイル、位置情報と連動したキーワード入力補助機能を追加

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年01月15日 17時52分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Googleは2010年1月14日、現在または直前の位置情報と連動して適切なキーワード候補を表示する機能を追加した。Android端末及びiPhone向けのGoogle検索サイトで利用できる。

ユーザの現在地または直前にいた場所情報と連動して、その地域のユーザの検索ニーズにあわせた検索キーワード候補を表示するように改良された。

たとえば、サンフランシスコにいるユーザがGoogle検索窓に "Muse"と入力し始めると、サンフランシスコ近郊の美術館に関するキーワード候補を表示する。しかし、ボストンで同じように "Muse"と打ち始めると、"museum of science boston" や "museum of fine arts boston" など、ボストンにいるユーザがよく探している検索キーワード候補を表示する。

携帯端末からの文字入力は時間がかかる場合がある。位置情報と連動してユーザの関心にあわせた検索ワード候補を提示することで、モバイルユーザの入力の手間と時間を省き、より便利にGoogleモバイル検索が利用できるようになる。

Optimized Search Suggestions using your location [Google Mobile Blog]
http://googlemobile.blogspot.com/2010/01/optimized-search-suggestions-using-your.html

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. 「脱電話」でコミュニケーション基盤へ進化したTwilio、LINEとも接続 3
  2. メルカリの急成長を支える分析チームにアナリストとしてジョインする方法 2
  3. 新機能「コンテンツタイプ」でCMSをもっと身近にするMovable Type 7 2
  4. Google Assistant、スクリーンを組み合わせたビジュアル体験を強化 #io18jp 1
  5. 田川欣哉、深津貴之、中村洋基——トップクリエイターが語る「体験」のデザイン 0
  6. 全部知ってる?今後のサイト制作で押さえたいCSSの最新プロパティ9選 161
  7. フロントエンドエンジニアが絶対読んでおきたいJavaScript最新記事ベスト10 120
  8. フロントエンド開発の現場で役立つJavaScriptの知恵10選 79
  9. これなら作れる!WordPressプラグイン開発に役立つ記事まとめ 62
  10. Web制作者が絶対読みたいHTML & CSSの最新記事ベスト10 58
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く