このページの本文へ

iPhoneから画像を直で印刷する「ePrint Ver.2.0」

2009年03月24日 20時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロテックは24日、iPhone/iPod touch用の印刷アプリ「ePrint Ver.2.0」の提供を開始したと発表した(iTunes Storeで見る)。価格は350円。

ePrint Ver.2.0
ePrint Ver.2.0。印刷対象は、住所録の印刷(一覧、個人、宛名ラベル)、カメラの印刷(22種類)、写真の印刷(22種類)、メモの印刷(6種類)と豊富に用意されている

  無線LAN、またはネットワークプリント接続に対応したプリンターで印刷できるアプリ。プリンターに対して直接印刷を指示するため、パソコンやそのクライアントアプリケーションを使わずに済むのが特徴だ。

 印刷できるのは、iPhone/iPod touchに保存した住所録/写真/メモ、カメラで撮影した画像など。 設定項目としては、カラー/モノクロの切り替えや両面設定、用紙サイズ指定、印刷フォーマット/フレーム指定、フチなし印刷(インクジェットプリンタのみ)を用意している。正式版のほか、試用版で1ページ、1フォーマットのみが印刷できる「ePrint Free」も用意する(iTunes Storeで見る)。

 無線LANで直接印刷できるインクジェットプリンターは、エプソンのPM-T990/PM-T960/EP-901F/EP-901A/PX601Fの5機種。ネットワークプリント接続で印刷可能な機種は、同じくエプソンのPM-A920/PM-A940/PM-A950/PM-A970/PM-D600など。

 YouTubeで公開されているサンプル動画で、プリンターの登録方法や印刷手順が確認できる。下の動画は写真アルバムを印刷する手順を記録したもの。


サンプル動画




カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中