このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

大幅値下げ! アニメ作成ソフト「RETAS STUDIO」

2009年02月12日 19時00分更新

文● 小和田良博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
RETAS 【SPEC】
開発/販売元●セルシス 価格●3万6750円(通常版)、2万4990円(アップグレード版)
http://www.retasstudio.net/

対応システム●Mac OS X 10.4.11以上(Leopard対応) 対応機種●PowerPC G4以上またはIntel CPUを搭載したMac

【COMMENT】 アニメーション作成に必要なソフトがパッケージにまとめられた点と、大幅なプライスダウンは魅力だ。ただ、新機能がないのが残念。


業界標準のアニメ作成ソフトがお買い得に!

 実際の業務にも使われるアニメ制作ソフト「RETAS! PRO HD」シリーズの作画/取り込み/彩色/合成ソフトがDVD-ROMのワンパッケージとなり、約10分の1の購入しやすい価格で「RETAS STUDIO」として発売された。

 本レビューでは、アニメ作りに必要な工程をほぼすべてフォローする本製品の概要から説明しよう。

ワークフロー
RETAS STUDIOでは、ラスター/ベクター作画に始まり、彩色、合成や撮影までをサポートする。そのため、それ以降の映像/音声編集はiMovieなどのビデオ編集ソフトを使う

 まず「Stylos」または、「Traceman」を使って線画を用意する。前者はマルチレイヤー対応の作画ソフトで、後者は紙に描いた線画をスキャナーで取り込んで整えるソフトだ。作画が完成したら、ラスター/ベクター画像の双方への彩色が可能な「Paintman」でカラー化。

 そして「Core RETAS」で、キャラクターと背景画を合成すればアニメーションの出来上がりだ。ここでは画面効果を加えたり、カメラやレイヤーを複雑なラインに沿って動かす「モーションパス」機能なども利用できる。

PaintMan PaintManでは、自由に色設計ができる「カラーパレット」や、登録した定型処理を一括で実行する「パッチ処理機能」などで、彩色作業の効率化を図れる
Core RETAS Core RETASでは、レイヤーを3次元的に移動/回転させて画面に奥行きを持たせたり、エフェクトを適用しながら、タイムシートで各コマをコントロール可能

 近年、動画投稿サイトの普及もあり、個人のデジタルアニメ制作が身近になりつつある。アニメに特化しているぶん各作業がわかりやすいうえに、商業用アニメでも使われるほどの本格派ソフトなので初心者からプロまで幅広いニーズに応えてくれる。

 「PRO HD」シリーズをすべて揃えているユーザーはドングルの廃止を除いてメリットはないが、それ以外の既存ユーザーは従来のソフト1本ぶんのアップグレード代でシリーズを揃えられる。新規ユーザーともども大胆な価格が本製品の最大の魅力だ。

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中