このページの本文へ

福袋もアリ! 直営店「Apple Store」の初売りは1月2日

2008年12月19日 13時20分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 全国に7店舗あるアップル直営店「Apple Store」は、2009年1月2日10時より毎年恒例の初売りを実施する(仙台店のみ8時スタート)。

Lucky Bag
2008年の「Lucky Bag」

 初売りでMacファンのお目当てといえば、やっぱり「Lucky Bag」(福袋)だろう。もちろん今年も各店舗にて数量限定で販売する。価格は3万5000円だ。

 福袋は毎年、開店前に行列ができるほどの人気で、Apple Store Ginzaなどでは、前日深夜から店舗前にテントを張って泊まり込む人もいるほどだ(2007年2008年の様子)。オンラインのApple Storeでも合計200個、25日まで予約を受付中だが、「やっぱり店頭に並んで買うのがいい」という人もいるだろう。

 アップルによれば、2008年に店頭で福袋をゲットしたお客の中には、Mac本体が当たったという幸運な人もいたそうだ。今年はどんなサプライズが用意されているのか、興味のある人は「運試し」に買ってみよう。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】ほんとにあった真夏の心霊トーーーク

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください