このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

Netbook&UMPC 弱点克服・虎の巻 ― 第5回

Netbook/UMPC 周辺機器をどどーんと紹介!

2008年10月24日 16時55分更新

文● 小浜雅胤/トレンド編集部、ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
持ち運びに便利なNetbook。音楽を聴くなら取り回しのいいBluetooth対応製品で楽しもう

Netbook/UMPCは値段が安いぶん、機能面で割り切られている部分もある。そんな弱点を補うのが周辺機器。今回はNetbookで利用するのにぴったりな、コンパクトで便利なアイテムを紹介する。




常に持ち歩くNetbook。まずは電源周りに気を配ろう


 KB-DWP102

 メーカー:サンワサプライ
 実売価格:350円前後


  

 長さ0.2mの電源ケーブル。NetBook付属の電源ケーブルと交換することで持ち運びがかなり楽になる。

左がサンワサプライの電源ケーブル。右がEee PC 901付属の電源ケーブル



 3ピン→2ピン変換プラグ

 メーカー:ダイヤテック
 直販価格:480円


  

 ミッキー型(3P)→メガネ型(2P)へ変換するコネクター。上の0.2mケーブルとの合わせ技で、ミッキー型の太いケーブルもかなりコンパクトになる。




 

 PLS19A/M

 メーカー:ダイヤテック
 予想実売価格:2980円前後(11月4日発売)


  

 重量200g(ケーブル込み)の小型軽量ACアダプター。ACケーブルは25cmのメガネ型で取り回しが良い。Aspire one、Wind Netbook、LuvBook Uに対応。




 

 TAP-B26M

 メーカー:サンワサプライ
 実売価格:1470円前後


  

 ACアダプターに差して、コンセントを2口増やせるアダプター。周辺機器の電源を取ることができる。出張先のホテルなどで、コンセントの口が足らないときに便利。




 

 USB-HUB227BK3

 メーカー:サンワサプライ
 実売価格:1780円前後


  

2つのUSBポートから電源を取ることができる、パワフルなUSBハブ。消費電流・最大500mAまでのUSB機器をバスパワーで使用できる。




 

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART