このページの本文へ

iPhone対抗の本命登場!?

ストリートビューも見られる――世界初のAndroidケータイ登場

2008年09月24日 13時54分更新

文● 西川仁朗/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
T-Mobile G1。フルキーボードを搭載したiPhoneを狙った?
メニューボタンにはグーグルの見慣れたアイコンも。300万画素のカメラ機能も搭載

 オープンソースの携帯電話用プラットフォームとして注目のAndroidの端末が、いよいよ登場した。米T-Mobileから発表された「T-Mobile G1」(HTC製)である。

 T-Mobile G1はタッチスクリーン機能とQWERTYキーボードを搭載。画面をワンタッチするとGoogleの検索窓が出てくるなど、グーグルの提供するサービスが使いやすいように設計されている。

 メニューの中にGmailやGoogleマップなどのアイコンがあらかじめ表示されており、何かと話題を振りまくことの多いストリートビューも使用できる。ストリートビューでは端末を動かすことで、画面上の街の写真が切り替わる「コンパスモード」といったケータイならではの機能も搭載されている。

 同社はT-Mobile G1が音楽プレーヤーとして使用されることも期待しているようだ。アマゾンが開発した「Amazon MP3」にワンタッチでアクセスできるように設計されている。iTunes Music Storeのように音楽データを購入できるAmazon MP3では600万曲が用意されている。モバイルアプリとして搭載されるのはT-Mobile G1が初。

 またT-Mobile G1にはiPhoneにおけるAppStoreのように、「Android Market」と呼ばれるアプリケーションストアがある。ニューヨークで23日に実施された会見では、「パックマン」を購入する様子が公開された。他にも買い物の途中で商品の価格を他の店と比べることのできる「ShopSavvy」や、自分が撮影した写真で地図をつくる「BreadCrumbz」といったアプリがあるそうだ。

 スマートフォン市場の第3の勢力となるT-Mobile G1。果たしてどの程度市場に食い込むことができるのか? その動向が注目される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART