このページの本文へ

アップル、「Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム」を発表

iPhoneの付属品を自主回収

2008年09月20日 17時27分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム
交換プログラムの詳細を案内するウェブサイト

アップルは20日、iPhone用のUSB電源アダプターを無償交換する「Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム」を10月10日に開始すると発表した。同社では、新設計の電源アダプターと交換するまでただちに使用を中止するようアナウンスしている。

自主回収の対象となるのは、米国/日本/カナダ/メキシコ/中南米諸国で販売された初代iPhoneおよびiPhone 3Gに付属のUSB電源アダプターだ。特定の状況下で電源アダプターのプラグ部分が外れて電源コンセントに残り、感電の原因となる可能性があるという。

USB電源アダプター iPhoneに付属するUSB電源アダプターは、USB端子とコンセント用の電源プラグを備えており、Dockケーブルを使ってパソコンがなくてもiPhone本体を充電できる付属品だ。新設計の電源アダプターには、プラグのある側面に緑の点がひとつ付けられている

交換プログラムは2008年10月10日にスタート。すでに同社ウェブサイトではフォームによる申し込みを受け付けており、また開始後はApple Storeに直接足を運んで交換することもできる。前者ではiPhoneのシリアル番号、後者ではiPhone本体と電源アダプターが必要だ。

なお、USB電源アダプターはオプションアクセサリーとして販売されているが、追加購入した製品も自主回収の対象。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中