このページの本文へ

アップル、「Mac OS X 10.5.3 Update」をはじめ7種類のアップデーターを公開

Leopardの安定性と信頼性が大幅に向上

2008年05月30日 15時38分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米アップル社は29日(米国時間の28日)、「Mac OS X 10.5.3 Update」「Mac OS X Server 10.5.3 Update」を公開した。同社のウェブサイトや「ソフトウェア・アップデート」経由で入手可能だ。深刻な脆弱性の修正を含む多数の改善が行われるため、アップルはMac OS X Leopard の全ユーザーにアップデートを勧めている。

Sofware Update アップルメニューの「ソフトウェア・アップデート...」を実行すると、Mac OS X 10.5.2ユーザーのMacには「Mac OS X アップデート 10.5.3」が、Mac OS X Server 10.5.2ユーザーのMacには「Mac OS X Server アップデート 10.5.3」が現れる

Mac OS X 10.5.3 Update」では、システム全般/アドレスブック/Air Mac/Automator/iCal/iChat/Mail/ペアレンタル コントロール/Spaces//Time Machine/VoiceOver──について、安定性や互換性の向上、脆弱性の修正を施している。

TimeMachine ノート型MacをMac OS X 10.5.3にアップデートすると、「Time Machine」環境設定のオプションに「バッテリ電源使用時にバックアップ」という項目が加わる。バッテリー使用時にバックアップ処理をしたい場合は、ここにチェックを入れておけばいい

Mac OS X Server 10.5.3 Update」では、さらに「ディレクトリサービスの信頼性および新しいファイル共有接続の認証」「Active Directory 環境でのバインディングおよび認証」「Finder および Web 上での Spotlight を使った検索」「DHCP サービスのホスティング」──など、合計13カ所に関する修正が施される。

ちなみに29日にはOSのアップデーターとともに、「Logic Express 8」の互換性に関する問題を解決する「Logic Express アップデート 8.0.2」、Mac OS X 10.4.11 以降のTiger/同サーバーのための「セキュリティアップデート 2008-003」「セキュリティアップデート 2008-003サーバー」「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 2.1」、Mac OS X Sever 10.5.3ユーザーのための「Server Admin Tools 10.5.3」──も公開されている。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中