このページの本文へ

インターネット村上社長に聞く

Gackt声のボーカロイドは、いかにして誕生したか

2008年05月08日 08時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

男声のニーズにあわせて作成


── それにしてもGacktっていうのに驚きました。よく受けてくれましたね。

Gackt
Gackt。写真は、2003年に行なわれた3D着信ボイスの発表会で撮影されたもの

村上 Gacktさんは、ドワンゴの着ボイスや抱き枕などもやっています。着ボイスは「メールだよ、○○ちゃん」と語りかけてくれるものでしたが、当社はその部分の合成エンジンも手がけていたんですよ。アニメ声優では、初音ミクとの差別化ができないので、その意味でもGacktさんがベストだろうと。

── 初音ミクが爆発的なヒットになった理由として、あのキャラクターに女性の声という部分は大きかったのではないでしょうか。それ以前に「KAITO」という男性の声のVOCALOIDがありましたが、あまり注目を集めませんでした。

村上 (男性ユーザーが多いので)女性の声の方がウケるという面はあるでしょうね。しかし、中途半端に女性の声にするぐらいなら、男性にしたほうがいいなと考えました。

 また、作品作りにハマってくると、女性だけでなく男性の声も欲しくなるはずです。ほかに選択肢がないので、逆にKAITOが売れている話も聞きます。ニーズはあると思っています。



Gacktもノリノリだった


── 収録時のエピソードがあれば。

ニコニコニュース
4月1日付のニコニコニュース。この記事が掲載されたときには、「エイプリールフールネタだろう」とほとんどの人が思っていたはずだ……

村上 Gacktさんも初音ミクやVOCALOIDのことをよく知っていて、かなり興味をもたれてました。 二回録音したのですが、「気に入らないのでやり直す」と自ら言い出すなど、乗り気で頑張ってくれましたね。

 VOCALOID用の音声データは、50音すべての音を組み合わせた呪文のような曲を、音程を変えながら歌ってもらいながら収録するんです。収録は結構大変なんですが、4時間ぶっ続けで音録りしても声質が変わらないのは「さすが歌手だな」と思いました。休憩もほとんど取らずにスムーズに進んで、こちらのセッティングの都合で逆に時間をいただいたぐらいでした。NGテイクもありませんでした。

── がくっぽいどって誰が付けたんですか?

村上 Gacktさん自身ですね。収録のときに、ポツリと「がくっぽいど」でどうかという提案があって、それがそのままソフト名になりました。

── パッケージはイラストなんですね。名前とかあるんですか?

村上 名前は特にないです。あえて言うならGacktのキャラクターでしょうか。

がくっぽいど紹介ページ
インターネットのサイトにあるがくっぽいどの紹介ページ。パッケージの画像はまだアップロードされていないが、筆者はちらっとだけ、パッケージのイラスト案を見せてもらいました

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン