このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「ニコニコ動画」発CDの作り手に聞く

ユーザーから「フルボッコw」でもオリコン17位──ランティス組曲

2008年03月27日 18時30分更新

文● 広田稔(編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「才能の無駄遣い」と呼ばれる、すごい素人があふれている場所。それがニコニコ動画だ。最近ではそんなダイヤの原石に注目する企業も現れてきており、ニコニコビジネスが活発化してきている。

 アニメ界の大御所である、(株)ランティスが5日に発売した「ランティス組曲」もそのひとつ。ニコニコ動画の「歌ってみた」タグを中心に活躍する歌い手を集めて、全34曲のアニメソングメドレーを歌った作品だ。

ランティス組曲 5日に発売されたマキシシングルの「ランティス組曲 feat.Nico Nico Artists」。価格は1200円

 ランティス組曲には、「ダブル斉藤」(ランティスの斎藤滋氏と、(株)ドワンゴの齋藤光二氏)とも呼ぶべき2人のプロデューサーが関わっている。今回は、ドワンゴの齋藤氏にお話を聞いた(インタビューの雰囲気を生かすため、文中の「(笑)」を「w」にした)。



アンチもファンの一人


── ニコニコ動画発のCDということですが、まずニコニコユーザーの反響はどうでしたか?

齋藤氏
ドワンゴの企画制作部部長の齋藤光二氏。「素顔はヒミツで♥」と、インタビュー中もアフロやサングラスを着用していた

齋藤 予想通り叩きまくられましたwww

 発売日よりも前に、ニコニコ動画にフライング動画が上がったんですが、「編曲が酷すぎる」「歌い手の個性を潰した」「曲がマニアック過ぎる」など、いろいろな批判が巻き起こりましたね。Amazon.co.jpのレビューも同様です。このレビューはCDを買っていない人でも書けるため、★ひとつという書き込みもいくつも見られました。いわゆる「フルボッコ」状態ですね。

 でも、この状況は、ある程度は予想していたんですよ。誰からも注目されないスルーされてしまう作品のほうが一番悲しいでしょ? アンチの方々も巻き込みながら、このCDに対する大きな反響があればいい。彼らだってポジティブに考えればファンの一人なんですから。

『ランティス組曲』を歌ったり、演奏してみた 収録風景を収めた「『ランティス組曲』を歌ったり、演奏してみた」という動画。CD発売の約1ヵ月前となる2月6日にニコニコ動画に投稿された

── そもそも、なぜこのCDを出そうと思ったのでしょうか?

齋藤 ニコニコ動画では、サービス自体の盛り上がりと同時に、ゴムさん、Jさんといった人気の歌い手や、楽器の上手い演奏者、踊り手など、ニコニコ動画内で活動しているニコニコアーティストが目立ってきました。個人的にそうした動画が大好きで、初期の頃から本当にいちファンとしていろいろな作品をチェックしていたんです。

 私はもともとドワンゴで、2005年、2006年と、アニメソングで最大級となるライブイベント「Animelo Summer Live」のプロデューサーなどをやっていましたが、その後、いったんアニメ関連の部署から離れていました。

 でも、ニコニコ動画を見ていて、この人気の歌い手を集結させて、ユーザーも一緒にライブで歌って盛り上がれるイベントができないか? 権利関係をきちんとクリアーした人気楽曲を集めて、ユーザーが歌ったり、編集したりして遊べる音源を提供できないか? といった企画を考えて、去年の秋くらいまで暖めていました。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART