このページの本文へ

「コメントは一覧できるべき」という思想

津田大介が伊藤直也に聞く、「はてなブックマーク」の今と未来(前編)

2008年03月25日 12時45分更新

文● 津田大介(ジャーナリスト)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コミュニティーの自浄作用に期待している


── なるほど。では一覧が炎上状態になることについてはどうですか。

死ねばいいのに
「死ねばいいのに」タグを一覧したところ。「死ねばいいのに」は、ダウンタウンの浜田雅功が突っ込みに頻用したフレーズでもある

伊藤 確かにいろいろ問題もあったんですけど……あったというか現在もあるんですけど、問題が起きたときにそれに対してシステム的に対処するというよりも、僕はコミュニティーの自浄作用みたいなものにある程度、意思決定を寄せているんですね。

 例えば「死ねばいいのに」というタグは一時期すごく流行ってたんですけど、しばらくしたら「エントリーページのコメントでみんながそういうスクラム的なことをすると、サイトを運営している側の人がダメージを受けてしまうからあまりやらないようにね」みたいな風潮も出てきたんですよ。だから今は昔ほど「死ねばいいのに」タグって見なくなったような気がします。

 もちろん別の問題も次々と出てくるんですけど、「死ねばいいのに」とか「これはひどい」みたいな問題が出てきたときに、安易に「死ねばいいのに」って書いてるユーザーのアカウントを削除するとか、「これはひどい」というタグを付けられなくするとか、あるいはそういうタグやコメントを見られなくするとか、システム的な対応をしてしまうと、対応全部がアドホック的になっていっちゃう。そうなると、多分はてなブックマークが本来持っている価値まで全部失われてしまうと思うんですよね。


── 「ツールそのものは悪ではない」という考え方ですね。

伊藤 そうです。あとは根本的に皆さんがコメントで書いていることって、単に「今まで思ってたけど書いてなかっただけ」というものだと思うんですよ。それは裏返せば「書いてはいないけど、思っていること」ですよね。だからはてなブックマークのコメントは、そういうものが可視化されてるだけだと僕は考えています。

 ブックマーク先のブログやニュース記事にコメント欄が付いてなかったとしても、読んだ人がそれに対して何の感想も抱かないなんてことはないですよね。何か文章を読んだとき、人はネガティブなりポジティブなり、共感なり、疑問なり、何らかの思いを抱くわけです。それをネットに書くことって、多分そんなに罪はないなと。

 罪はないどころか、むしろ素晴らしいことだとも僕は思っているんです。だから僕はもっとネット上にみんなが思っていることをテキストに変えて、どんどんアウトプットしていってほしい。そういう意味で、エントリーページは今後も基本的に今の体裁を大きく変えることはないと思います。

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン