このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

3Dグラフィックソフト

レビュー:iPoser 7 for Mac OS X

2007年09月02日 10時00分更新

文● 大河原浩一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

萌え系CG制作者必見! 「Poser 7」に入門版登場


iPoser 7 for Mac OS X 【SPEC】
開発/販売元●(株)イーフロンティア 価格●6800円(通常版)、8800円(ガイドブックバンドル版)
http://www.e-frontier.co.jp/

対応システム●OS X 10.3.9以上 対応機種●PowerPC G4以上、またはインテルCPUを搭載したMac

【COMMENT】
アニメーションや高度な編集機能がないため、やや物足りない。しかし手軽に買える値段なので、3Dフィギュアに興味がある入門者には最適だ。


 (株)イーフロンティアの「iPoser 7」は、ライブラリーに用意されたフィギュアのポーズや表情、服装、メイクなどを編集して、3Dキャラクターを作成するソフトだ。

iPoser 7 for Mac OS X
「iPoser 7」のメイン画面。「フェイスルーム」と「ヘアルーム」のタブも表示されているが、実際には使用できない

上位版の「Poser 7」から、パラメーターを使った表情の変化やポーズ付け、カメラやライティング設定といったCG制作ソフトの基本的な機能をひと通り受け継いでいるため、初めて3Dキャラクターを扱う人には最適な入門ソフトといえる。

iPoser 7 for Mac OS X標準キャラクター「にあ☆みぃ」には、カートゥーン調(右)とイラスト調(左)の2種類が用意されている
iPoser 7 for Mac OS X 頭部のプロパティー画面。各項目の数値を変えると、目の向きや口の形などの表情が変化していく

 ライブラリーにはPoser 7と同じ、人物や動物などのフィギュアが収録されている。さらにiPoser 7の特典として、アニメ系美少女キャラクター「にあ☆みぃ」が追加されており、合計12体と豊富だ。しかし、アニメーション機能をはじめとしたPoser 7の高度な編集機能が省かれているため、主に静止画でのフィギュア作成に用途が限られてしまう。少しでもキャラクターを動かしたい人には物足りない。

 とはいえ低価格なので、いままで3Dフィギュアに興味があってもなかなか手を出せなかった人にはお勧めできる。アニメやコミックを作成する人にも、人物デッサンの訓練や下絵作りに重宝するソフトだろう。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中