このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

十人十色のiPod、隣の人は何を聴いているの? アップル街頭インタビューリポート

過剰なこだわりは皆無!? フツーのiPodユーザーのフツーの使い方

2007年08月31日 18時04分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

街中でiPodを使っているだけでiTunesカードがもらえる!?


何でも、アップルジャパン(株)が街頭でiTunesカードを配るという。といっても、街角ティッシュのように無差別に配るのではなく、iPodのユーザー調査を兼ねてのこと。アップルスタッフが路上で実施する簡単なアンケートに答えると、同社のコンテンツ配信サービス「iTunes Store」から3曲無料でダウンロード購入できるプリペイドカード(iTunesカード)がもらえる。しかもこのiTunesカード、DRMフリーかつ高音質だけどちょっぴりお値段の張るiTunes Plusの楽曲でもOKなのだ。

iTunes Card
今回のキャンペーンで配布されたiTunesカード。ビデオは対象にはならないものの、iTunes Storeから好きな音楽を3曲ダウンロードできる。ちなみにこの絵柄、この夏全国のアップルストアで配布していた限定うちわにも採用されていた

アップルが「SUMMER SONIC」(通称、サマソニ)で来場者全員にiTunesカードを贈呈したのは既報のとおり(参考記事)。また、意外と知られていないところでは、アップルストアの店頭デモ(ハンズオンセミナー)に参加すると運がよければiTunesカードをゲットできるなど、アップルはiTunesカードを使ったプロモーションを積極的に展開している。今回のキャンペーンはその延長線上にあり、イベントや店頭に行けない人はiPodを持って街を歩いているだけで、iTunesカードをもらえるチャンスがある──ということだとか。

前置きが非常に長くなったが、本誌編集部員も8月16日の大阪、17日の名古屋とアップルのキャンペーンに便乗して街角iPodユーザーの実体を調べることにした。職場がMac誌編集部という特殊事情もあり、ふだん接するのは一般的とは言えないiPodユーザーばかり。ここらで、あらためて一般的なユーザーの現状を把握しておくのも悪くない。さっそく、街で出会ったiPodユーザーたちを紹介していこう。



大阪編1人目「お気に入りのアクセサリーはiPod shuffle!?」

  • お名前:りんか娘☆  聴いていたアーティスト:RHONA
  • 所有しているiPod:nano 2G/shuffle 2G/mini
  • iPodの収録曲数:──  利用パソコン:Mac
りんか娘☆キャンペーンの実施をウェブサイトやラジオ放送などで告知していたものの、「このために来た」と答えたのはこの「りんか娘☆」さんだけ。最初からスゴイ人に……。よく見るとnanoのネックストラップにshuffleが付いている。これ、曲を入れるわけでもなく、完全にアクセサリーとして付けているだけなんだとか


大阪編2人目「黒いプロテクターでシックにまとめる」

  • お名前:Tyler  聴いていたアーティスト:Bray
  • 所有しているiPod:iPod 5G
  • iPodの収録曲数:2218曲  利用パソコン:PC
Tylerカナダ出身の「Tyler」さんは、iPod 5Gに2000曲以上を詰め込むなかなかのユーザー。最初に購入したiPodを故郷に置き、現在携帯しているのは2代目だという。プロテクター「iSkin eVo3」がキマってる!?


大阪編3人目「CDレンタルショップの店員特権」

  • お名前:カムカム  聴いていたアーティスト:SEAMO
  • 所有しているiPod:iPod 5G
  • iPodの収録曲数:約3000曲  利用パソコン:Mac
カムカムいい意味で曲数の予想を裏切られたのが、この「カムカム」さん。3000曲を超えるライブラリを築けた理由は、某CDレンタル店で働いているからだとか。納得。ちなみに、アクセサリー類にはまったく興味がないそうだ


大阪編4人目「iPodは手軽なMP3レコーダー」

  • お名前:GUNチャン  聴いていたアーティスト:神谷 明(ポッドキャスト)
  • 所有しているiPod:iPod 5G/shuffle 2G
  • iPodの収録曲数:──  利用パソコン:Mac
GUNチャンiTunes Storeの無料曲チェックは欠かせないという「GUNチャン」さんは、外出時にshuffleでポッドキャストを聴くことが多いそう。自宅には第5世代iPodもあるものの、ビデオに興味がなく、専用マイクを装着してもっぱら録音用にしているとか。「酔って記憶が飛んだときに何を言っていたか確認するため」って、どんな酔い方してるんですか!?


大阪編5人目「職場でエンコードが基本?」

  • お名前:O  聴いていたアーティスト:JUDY AND MARY
  • 所有しているiPod:iPod 5G
  • iPodの収録曲数:2615曲  利用パソコン:Mac
Oデザイン職なので職場のパソコンがMacだという、笑顔の似合う「O」さん。iMacユーザーだそうで、iPod内の曲はもっぱらCDから取り込んだとか。JUDY AND MARYの「RADIO」って大学生のときによく聴いていたなぁと、勝手に親近感を覚えた編集子だが、きっとこの「O」さんはもっと若かりしころに親しんでいたのでしょう。音楽って異なる世代でも共通体験になりうると当たり前のことに気付いた瞬間


大阪編6人目「外出先でもウェブラジオがいい」

  • お名前:Takato  聴いていたアーティスト:The Strokes
  • 所有しているiPod:shuffle 1G
  • iPodの収録曲数:──  利用パソコン:Mac
TakatoiTunes Store経験者の「Takato」さんも、やはりライブラリの主力はCDからのリッピング。512MBのshuffleに半分音楽を入れて、半分はウェブラジオ──って、結構濃い? iTunesで取り込めるポッドキャストとは違い、ウェブラジオは「RadioLover」や「RadioRecorder」などのオンラインウェアを使わないと録音できないので


大阪編7人目「日常に溶け込んだiPod」

  • お名前:アイリーバッド  聴いていたアーティスト:MAROON 5
  • 所有しているiPod:nano 2G
  • iPodの収録曲数:約500曲  利用パソコン:PC
アイリーバッド買い物に来ていたところを運悪く(?)捕まった「アイリーバット」さんは、iPodのある生活をごく当たり前のように話す。デジタルオーディオの変遷を目の当たりにしてきた編集子としては、世代の違いを感じずにはいられない……。iTunes Storeを使ったことはないそうなので、ぜひ今日ゲットしたiTunesカードで体験を!


大阪編8人目「iTunes Storeの充実を願う」

  • お名前:タロウ  聴いていたアーティスト:Fake Shark-Real Zombie!
  • 所有しているiPod:iPod 4G
  • iPodの収録曲数:約4000曲  利用パソコン:PC
タロウニュー・レイブをこよなく愛する「タロウ」さんが声を大にして言いたいのは、「iTunes Storeにほしい曲がない!」ということ。先日コカ・コーラのキャンペーンで曲が当たったものの、ダウンロードしたいものがなくてガッカリしたとか。外れてばかりの人には、ちょっとうらやましい悩み?


大阪編9人目「とにかくiPodの魅力はその容量」

  • お名前:S.Y.  聴いていたアーティスト:Bob Marley
  • 所有しているiPod:iPod 5G
  • iPodの収録曲数:1398曲  利用パソコン:PC
S.Y.旅行に行く前に、どうしてもほしくなってiPodを買ってしまったという「S.Y.」さん。決め手は、とにかくたくさんの曲を携帯できるというiPodの容量。旅行のときなどは、iPodの「ライブラリを丸ごと持ち運べる」という特徴がモノを言いそう。iPodのおかげで旅が楽しくなったのか、気になります


大阪編10人目「勝手に人の曲を消さないで!!」

  • お名前:naoya  聴いていたアーティスト:CHEMISTRY
  • 所有しているiPod:iPod nano
  • iPodの収録曲数:約600曲  利用パソコン:PC
naoya「naoya」さんのお気に入りは、iPod nano (PRODUCT) REDの赤い質感。だから、例え透明なケースとはいえ絶対にそれを邪魔させたくはないという。目下の悩みは、親子でPCを共有しているため時々親が勝手に曲を消してしまうことだとか──「その逆もありますよ」(最初は遠目に眺めていた父親談)


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中