このページの本文へ

イーフロンティア、6800円の3Dグラフィックス作成ソフト『iShade 9』を発売

2007年04月18日 10時30分更新

文● 小口博朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)イーフロンティアは17日、3Dグラフィックス作成ソフト『iShade 9』と、iShadeに解説書を付属した『iShade 9 ガイドブック付き』を5月18日より発売すると発表した。2製品ともWindows版/Mac OS X版を用意。価格は通常版が6800円、ガイドブック付き版が7800円。

『iShade 9』
『iShade 9』

iShade 9は、2006年12月に発売された『Shade 9 Basic』(価格は1万6800円)の機能を、3Dモデリングや静止画作成に関するものに限定した入門用の3Dグラフィックスソフト。iShade 9で省かれた機能は以下の通り。

  • アニメーション出力機能
  • スクリプト機能
  • ラジオシティ
  • ネットワークレンダリング
  • マジカルスケッチ
  • Design Exchange社提供のコンテンツ

『iShade 9 ガイドブック付き』に付属する書籍は、(株)ビー・エヌ・エヌ新社の『Shade 9 ガイドブック』(価格は2800円)だ。

Windows版の対応OSは、Windows Vista/XP (SP2)/2000。対応機種は、Pentium IIIかAthlon XP以上のCPUを搭載したPC/AT互換機。Mac OS X版の対応OSは、Mac OS X 10.3.9以上。対応機種は、PowerPC G4/G5かインテル製CPUを搭載したMacintosh。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中