このページの本文へ

PCを落下&水攻めという驚愕のデモを実行!

松下ネットワークマーケティングが“マイレッツ倶楽部3周年記念パーティー”を開催

2006年05月13日 00時00分更新

文● 北村

 13日に秋葉原クロスフィールド内にあるUDXカンファレンス6階 ROOM Fにて、松下ネットワークマーケティング主催の“マイレッツ倶楽部3周年記念パーティー”が開催された。歴代の“Let'snote”シリーズや、発売直前の新モデル“Let'snote R5/T5/W5/Y5”の展示のほか、動作中のPCに水を掛けたり、落下させるなどのデモが行なわれ、来場者を驚かせた。

“マイレッツ倶楽部3周年記念パーティー” 発売前の新モデルが勢揃い
“マイレッツ倶楽部3周年記念パーティー”の様子。“マイレッツ倶楽部”は松下電器の“Let'snote”ダイレクト販売サイトだ発売前の新モデルが勢揃いし、存分に触れることができた
キーボード端子

 今回イベントを開催した理由について同社は「ユーザーにいち早く製品をお見せするのはもちろん、ユーザーの声を開発に取り入れ、製品に反映させるためでもある」という。実際に来場者から「キーボードに水をこぼしても大丈夫とはいえ、側面のUSB端子などが剥き出しで不安。コップを倒した場合などは横から水を被るはず。側面のコネクタなどにカバーをつけてもらいたい」という意見があったそうだ。「開発側にいると、“コネクタにカバーをつけなければあと1g重量を軽くできる”などと考えがち。これらの意見は大変参考になる」と、イベントの成果を語った。


歴代“Let'snote”シリーズの展示 新モデル“Let'snote R5/T5/W5/Y5”の展示
歴代“Let'snote”シリーズの展示19日に発売予定の新モデル“Let'snote R5/T5/W5/Y5”の展示
国内未発売の海外モデル「Let'snote T4」 カラー天板
国内未発売の海外モデル「Let'snote T4」。液晶モニタがタッチセンサ式になっているのが特徴だカラー天板のバリエーションも多数展示していた

 注目の耐久デモは3つ行なわれた。1つめは同社製ノートPC“Let'snote”シリーズの新製品「Y5」に水を掛けるというもの。PC動作中にペットボトルの水をこぼしたという設定で、実際にデモンストレーターがペットボトルに入った水を何の躊躇もなくキーボードに掛けていた。あっという間にキーボードが水浸しとなり、PCの底面からは水が地面に流れ落ちていたが、動作に支障はなく、周囲からは「おぉ〜」という感心したような声が漏れていた。

水掛けテスト 排水中
キーボード全面防滴をうたう「Let'snote Y5」のキーボード中央に大胆に水を掛けるデモ。通常のノートPCならまず壊れてしまうだろうキーボードにかかった水は、底面に設けられた小さな穴から排水される。動作中のPCから水が流れ出しているのだから驚きだ

 2つめは、堅牢ノートPC“TOUGHBOOK(タフブック)”を約90cmの高さから落下させるテスト。こちらも動作中のPCを床に置いた硬い木の上に落とすという、背筋がゾッとするような実験だ。参加者の1人が胸の高さに持ったPCから手を離すと、ゴツというあまり聞きたくない大きな音がしたが、PCは何事もなかったかのように動作していた。その後、PCから手を離した人が自分の行なった行為に罪悪感を感じたのか、「HDDは大丈夫ですか?」と質問すると、デモンストレーターが力強く「大丈夫です!」と答えたのが印象的だった。

落下テスト 耐久デモの様子
堅牢さがウリの「TOUGHBOOK CF-29」を約90cmの高さから自由落下させるテスト。落下させても液晶パネルが割れたり、外装が欠けるようなこともなく、動作中にもかかわらずHDDなどの内部のパーツも無事だった普段見られない衝撃的なデモだけに、来場者は大いに盛り上がっていた

 最後に行なわれたのは“耐100kg加圧コンテスト”。これは、参加者が“Let'snote”に圧力をかけて、一番圧力をかけた人が賞品をゲットできるというもの。複数の参加者が1人づつ“Let'snote”を押したり、体重をかけたりした。なかには約90kgもの圧力をかける人も現れたが、“Let'snote”はびくともしなかった。“Let'snote”の新シリーズは環状パイプ構造、ボンネット構造の天板、耐衝撃ハードディスクの採用などで、満員電車の中での振動や衝撃にも耐えられる強さを備えており、PCの上から圧力をかけても約100kgまでは耐えられるという。

耐圧テスト
環状パイプ構造、ボンネット構造の天板、耐衝撃ハードディスクの採用などで、満員電車の中での振動や衝撃にも耐えられる強さを備えている“Let'snote”の新シリーズ。PCの上から圧力をかけても約100kgまでは耐えられるという

カテゴリートップへ

レッツノート 最新ラインナップ