このページの本文へ

「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」第34回

パソコンから生放送が可能になったFacebook Liveが持つポテンシャル

2017年03月30日 17時00分更新

文● ノダタケオ(Twitter:@noda

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フェイスブックは3月22日(米国時間)、Facebookのライブ配信機能「Live Video」の機能をアップデートしました。

 これまで、Facebookの個人アカウントでは
(1)スマートフォンの「Facebook」アプリ
(2)APIによるユーザー認証に対応した(一部の)外部ソフトウェア
の2通りでしかライブを行うことができませんでした。

 今回のアップデートではさらに
(3)OBSなどの(ユーザー認証に対応していなかった)外部ソフトウェア
(4)WEBブラウザ単体
でのライブも可能となりました。

 一方、ページアカウントではスマートフォンの「ページ」アプリや、外部ソフトウェアからのライブ配信など、これら(1)~(3)の配信方法については既に対応済みです。

 今回のアナウンスは、スマートフォンによるライブを手軽に楽しむだけでなく、さまざまな外部ソフトウェアや外部ハードウェア機器などを利用することによって、高画質高音質を必要とするゲーム実況配信などのテクニカルなライブ配信が個人アカウントでも楽しむことができるようになった、ことを意味しています。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!