このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第243回

349ドルのレイトレーシング対応GPUは“脱Pascal”を実現できるのか?

GeForce RTX 2060性能検証!GTX 1070 Ti拮抗の新メインストリーム

2019年01月07日 23時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Far Cry 5」ではGTX 1070 Tiのわずか上

 ここからは実ゲームでの性能比較だが、まずはDirectX11ベースのゲーム中心で攻めてみよう。まずは「Far Cry 5」で試す。画質は“最高”、アンチエイリアスは“TAA”とし、内蔵ベンチマーク機能を利用して計測した。

「Far Cry 5」1920×1080ドット時のフレームレート。
「Far Cry 5」2560×1440ドット時のフレームレート。
「Far Cry 5」3840×2160ドット時のフレームレート。

 ここでのRTX 2060の性能はGTX 1070 Tiよりわずかだが上をいっている。4Kでも3DMarkのように息切れすることはないが、「ゲームとして成立させるにはWQHDまで」ということならば、NVIDIAの想定どおりのパフォーマンスを示せていると言える。GTX 1060ならフルHDでも60fps以上はキープできるようだが、RTX 2060ならば解像度を1ランク上げるか、高リフレッシュレート液晶を活かせるというチョイスができるようになるわけだ。

 さすがにGTX 1070や1070 Tiからの乗り換えでは大きなメリットを見出せないが、もっと旧世代のGPUから乗り換える場合は、後述するDXRやVirtualLinkなどの未来要素を重視するなら、GTX 1070 Tiをスキップして世代の新しいRTX 2060を選ぶのも十分にアリだろう。

「PUBG」ではGTX 2070寄りの性能

 続いては「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以下、PUBG)で試す。画質は“ウルトラ”とし、ホリデーシーズンに追加された雪山マップこと“Vikendi”におけるリプレイを再生した際のフレームレートを「OCAT」で測定した。

「PUBG」1920×1080ドット時のフレームレート。
「PUBG」2560×1440ドット時のフレームレート。
「PUBG」3840×2160ドット時のフレームレート。

 PUBGでもRTX 2060の性能はRTX 2070とGTX 1070 Tiの間に入り込む形だが、よりRTX 2070に近い性能が出せている。PUBGで対応すると表明されているDLSSが適用されれば、GTX 10シリーズとの性能差はより広がることだろう。WQHDでもRTX 2060は平均60fpsを出せており、一方でGTX 1070 Tiは出せなかった、という点を大いに評価したい。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中