このページの本文へ

豊富なインターフェース、DVDスーパーマルチドライブ内蔵なのも魅力

7万円台でシンプルに“使いやすさ”が魅力の15.6型ノートPC

2018年03月09日 17時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LIFEBOOK WAA/B3」

 富士通WEB MARTで販売中のノートパソコン「LIFEBOOK WAA/B3」(関連記事)は大きな15.6型ディスプレーや豊富なインターフェース、DVDスーパーマルチドライブなど、パソコンを使うのに必要な要素はほぼそろっており、価格的にもエントリーマシンとして使うのに最適だ。クーポンを使えば、7万9980円で購入できる。

 今回は、LIFEBOOK WAA/B3の使い勝手を検証していく。

ディスプレーの解像度1366×768ドットと低めだが、スーパーファイン液晶のため色は鮮やか

 LIFEBOOK WAA/B3のディスプレーは、グレア液晶を採用している。タッチ操作は非対応ながら、画像や文字などは鮮明に見え、色も鮮やかだ。解像度は1366×768ドットだが、外部ディスプレーを接続すれば4K表示まで可能。机の上でディスプレーと接続して高解像度で使い、外で使うときはHD解像度の大きめの文字やアイコンで活用するという使い方もできる。

キーボードはデスクトップ用のキーボードとほぼ変わらないサイズと配列なので、慣れるまで時間がかかるといった心配もない

 LIFEBOOK WAA/B3は15.6型なので、幅もしっかり378mmある。キーボードもテンキー付きのフルキーボードで、キーピッチは18.4mm。ほぼデスクトップパソコンのキーボードと変わらない。キーストロークは1.7mmで、しっかりと押し下げた感がある。

 ノートパソコンにたまにある、慣れるのに時間がかかるキー配置も少ない。強いていうと右側にAltキーがないくらいだろうか。文字キーとテンキーの間にカーソルキーを配置するスペースはないので、そのあたりにあるキーは各所に配置されているが、特に違和感はない。また、カーソルキーがもっとも手前のキー列よりも下がった位置に配置されているので、文字キーとは区別した形で操作できる。

 キーはキーボード手前側に傾斜しており、それぞれの列で段差があるため、打ち間違えが防げる。キーの中央部分がほんの少しへこんだ曲線になっており、指がしっかりとキーに乗るのもうれしい。

 タッチパッドはマウスボタンに相当する2ボタンがタッチパッドから独立しているタイプ。一体型の場合、カーソル移動などをしながら誤クリックしてしまうときもあるが、LIFEBOOK WAA/B3はその心配はない。ボタン自体は少し重めで、ちょっと当たった程度では認識されないのは、誤入力を防げてありがたい。

 タッチパッドの感度も敏感すぎず、触れていないのにカーソルが動いてしまう誤動作もなかった。また、ホームポジションに手を置いたときにタッチパッドに触れてしまって、タイピング中にカーソルが動いてしまう心配もない。

 LIFEBOOK WAA/B3のバッテリーパックはリチウムイオン24Whで、あまり長時間の間電源なしではもたないのではないかと思われたが、レビューのために使っていてもそれほど早く電池が減っているイメージはなかった。そこでBBenchを使って、フル充電からのバッテリー稼働時間を調べた結果は下記の通り。

BBenchで「60秒間隔のウェブ巡回」と「10秒間隔でのストローク」に設定し、残り5%になるまでの時間を調べた結果

 電源なしなら3時間から4時間くらいかなと思っていたが、結果は6時間近く使えるのがわかった。使い込んでいくうちに稼働時間は短くなっていくだろうが、このくらいの時間使えるのは助かる。もっと長時間使いたいなら、オプションでバッテリーパックを購入できる。予備があればACアダプターが使えない環境でも安心して使える。

 LIFEBOOK WAA/B3のスペックは前回も紹介したが、再度おさらいしておこう。CPU-Zを用いた結果は下記の通り。

LIFEBOOK WAA/B3のスペック
メモリーグラフィックス

 Windowsパソコンとしての快適さを測る「WIN SCORE SHARE」で計測してみた結果は下記の通り。「CPU」や「メモリ」は8.5と高いスコアになっている。また試用機はSSDを搭載していたので、ストレージも8を超えるスコアだ。GPUがCPU内蔵のため低めのスコアになっているが、エントリーマシンとしては十分な結果だろう。

WIN SCORE SHAREの結果

 さらにCrystalDiskMarkを使ってストレージの速度を計測してみた。SSDを採用しているため、十分な速度が出ている。画像などの大きなファイルのコピーや移動などもストレスなくできた。動作をより早くしたいという人は、ちょっと予算を増やしてストレージをSSDに強化するのもありだ。

CrystalDiskMarkの結果

 次回は、グラフィックス性能なども含め、ベンチマークなどを実施してLIFEBOOK WAA/B3の実力を測ってみる。

LIFEBOOK WAA/B3の主なスペック
CPU AMD A9-9420(2.2GHz)
グラフィックス Radeon R2 グラフィックス
メモリー 4GB
ストレージ 500GB HDD
ディスプレー 15.6型(1366×768ドット)
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI出力端子、マイク・ラインイン・ヘッドフォン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子、有線LAN端子、SDカードスロットなど
サイズ/重量 およそ幅378×奥行255.9×高さ30mm/約2.3kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通