このページの本文へ

魅惑のXperia周辺機器 ― 第85回

【前篇】買って損ナシのXperia周辺機器ベスト10:Xperia周辺機器

2017年12月31日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さて、2017年も残すところあとわずかとなりました。

 昨年から独断と偏見で、Xperiaに使えるイカした数々のアクセサリーを取り上げてきましたが、今回は2017年に実際に使ってみてよかったXperia周辺機器のベスト10を選んでみたいと思います。今回は前半としてベスト10から6までをご紹介いたします。

【第10位】ロジクール「K780

 第10位は、ロジクールのBluetoothキーボード「K780」です。スマートフォンでキーボードを使うシーンはそう多くはなさそうですが、あったらあったで便利なものです。

 最近は、Xperiaの仲間として「Xperia Touch」が加わったことでキーボードの利用頻度が激増しています。

 このK780ひとつでWindowsやmacOSのPCやXperia(スマートフォンやタブレット)に接続でき、キーボードの左上にあるEasy-Switchボタン(1/2/3)のボタンから切り替えて使えるというのが便利です。同社のワイヤレスマウス「MX Master 2S」もあわせて使えば、使い慣れたマウスとキーボードはそのまま、そして机の上もスッキリ! かなり重宝しています。

【第9位】JPRiDE「JPT1 Bluetooth トランスミッター&レシーバー

 第9位は、JPRiDEの「JPT1 Bluetooth トランスミッター&レシーバー」です。

 Bluetooth通信の「送信側(TX)」「受信機(RX)」の両方の機能を備えているので、送信機にも受信機にもなります。Bluetoothを備えていないカーオーディオでも、アナログ入力さえあればXperiaから好きな音楽を選んで再生できて地味に活躍するシーンが多いアイテム。今までCDしか聴けなかったクルマで、手軽にワイヤレスでXperiaの音楽を流せるだけで感謝されます。

【第8位】ソニー「SRS-XB60

 第8位は、ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB60」です。

 迫力の重低音で音楽を楽しめるEXTRA BASS(エクストラベース)シリーズということで、小さいタイプから大きいタイプまでラインアップされていますが、SRS-XB60は、ワイヤレススピーカーとしては最大級のデカさ。しかも、スピーカーの周囲やストロボフラッシュ、スピーカーライトがビカビカ光りながら、ドッカンドッカン爆音を響き渡らせる自己主張マックスぶり。

 キワモノかと思いきや、マイク入力が使えるので屋外用としての簡易PA機材としての使い勝手も最高。何かと準備や機材面で大変な屋外公演ですが、SRS-XB60とXperiaとマイクさえあれば、どこでもBGM付きでマイクパフォーマンスできてしまう便利アイテムです。

【第7位】ソニーモバイル「Xperia Ear XEA10

 第7位は、ソニーモバイルの「Xperiaスマートプロダクト」第1弾として登場した「Xperia Ear XEA10」です。

 Xperia Earは片側の耳に装着して、スマートフォンとワイヤレス接続してハンズフリーでコミュニケーションができる、Bluetooth小型ヘッドセットです。

 耳に装着すると同時に「こんにちは! X月XX日○曜日午前○時○分です。東京の品川の天気は晴れ、最高気温15度、最低気温11度です」などと、近々の情報をお知らせしてくれます。しかも装着するたびに話す内容も変わり、アプリの通知をお知らせしてくれたり、自ら話しかけると音声で応えてくれるので、手が話せなくても行動を制限されないというところがとても便利。

 AndroidスマホのGoogleアシスタントと同じようなものかというとそうではなく、アシスタント機能の声の主は声優の寿美菜子さんで、言葉を組み合わせて読み上げる長い文章も自然で優しく話しかけてくれます。

 さらに、プラグインを導入することで「ソードアートオンライン」のアスナや、「冴えない彼女の育て方」の加藤恵の声にチェンジできるという仕様! それぞれの個性のあるキャラクターそのままに会話できるという癒やしグッズにもなります。

【第6位】ソニー「nasne(ナスネ)

 第6位は、ソニーのネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」。地上デジタルやBS/110度CSデジタル放送を、外出先からXperiaで予約録画したり、録画番組を視聴したりが便利なアイテムです。

 nasneが登場したのは2012年と5年前になるものの、ソフトウェアのアップデートを繰り返しています。つい先日も新たに「ビデオ書き出し」機能が加わったりと、いまだに進化を続けています。しかもXperiaから操作する「torne(トルネ) mobile」アプリが超爆速。番組表から録画番組の検索から視聴に至るまでのすべてのサクサクっぷりは、他に類を見ないほどの快適ぶりです。

 オマケに、写真や音楽、動画、そしてPDFやWord、Excelデータといったビジネスデータも保存しておくことができ、外出先からXperiaを操作していつでも自宅のデータにアクセスできて、クラウドサービスの代わりとして使うこともできます。あまりにも使い勝手が良いので、ひとつならずとも2つ、3つと買い足ししたくなる逸品です。

 後半のベスト1~5は、2018年掲載の次回連載でご紹介いたします。お楽しみに!


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン