このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第10回

アプリ起動時のパスコードはぜひ設定しておこう!

LINEを安全に使うために4つのプライバシー設定を確認!

2016年06月16日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

秘密の会話を見られたら……どうしよう!?

 LINEを誰かに見られたり、知らない人と友だちになってしまったり、メッセージを送られてくる、などのリスクは避けたいところ。そこで、安全のためにLINEのプライバシー設定を確認しておこう。特に、子どもに使わせる場合は必ず確認しておきたい。

安全に使うための4つのプライバシー設定

 LINEアプリを起動し、「設定」→「プライバシー管理」をタップすると、プライバシー管理の設定画面になる。

画面右上の「設定」をタップ
設定画面から「プライバシー管理」をタッププライバシー管理の設定画面に変わる

Q:勝手にLINEを起動されたくない
A:パスコードロック機能が簡単便利!

 パスコードロックは、LINEアプリ起動時にパスコードを入力しない限り、利用できなくなる機能。プライバシーを勝手に見られないために設定しておくと安心だ。プライバシー管理画面から「パスコードロック」をオンにするとパスコード入力画面となるので、4桁のパスコードを入力しよう。パスコードの再入力で設定終了だ。設定後は、LINEアプリを起動するたびに、パスコードの入力画面が表示される。

パスコードロックを4桁の数字で設定しよう

Q:友だちは自分から増やす主義だ
A:なら、ID検索は外しておこう

 「IDで友だち追加を許可」では、LINEユーザーがLINE IDを検索した際、自分のIDが検索一覧に表示されるか否かを選択できる。オンにするためには、当連載でも紹介した携帯電話会社での年齢認証が必要となる。オフにしておけば勝手に追加されることがなくなる。

 「メッセージ受信拒否」をオンにすると、LINEで友だちになっていない相手からのメッセージを拒否できる。スパムなどを避けるために有効なので、オンにしておこう。

 「QRコードを更新」をタップすると、「QRコードを更新しますか?既存のQRコードや招待メール内のURLは無効になります」というメッセージが表示される。ここで「OK」を選ぶとQRコードが刷新される。QRコードを誰かに送った後は、万が一の流出に備えて更新しておくと安心だ。

「QRコードを更新」をタップし「OK」をタップすぐにQRコードが更新できた

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。最新刊『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎エデュケーション新書)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』『図解 一目でわかるITプラットフォーム』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART