このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

IFA 2016レポート第14回

Xシリーズのフラグシップは、5.2型でも持ちやすい

新フラグシップ「Xperia XZ」をX PerformanceやZ5と比べてみた

2016年09月03日 10時00分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドイツ・ベルリンで開催中の「IFA 2016」で、ソニーモバイルがついに公開した、Xシリーズの最新モデル「Xperia XZ」および「Xperia X Compact」。

 今回はIFAのソニーブースでは実機の展示が行われていたので、ハイエンド機「Xperia XZ」のファーストインプレッションをお送りします。

Xシリーズのコンセプトを基にした新世代ハイエンド機

 「Xperia XZ」という名前を聞いて、「Xperia Xシリーズとはなんだったのか」「Xperia Zの復活か」など、さまざまな感想があったかと思います。改めておさらいするとXperia XZは、Xシリーズのハイエンドモデル。Xperia XシリーズはデュアルSIM版の有無などを省けば3ライン6モデル。

 まずは、「XAライン」。SoCにMediaTek製を採用するなど、ローエンド端末となっており、購入時のコストを抑えたい人向けです。現在「Xperia XA」「Xperia XA Ultra」があります。

 つづいて「Xライン」。こちらはミドル~ハイミドルレンジと呼ばれるタイプの製品で、価格は抑えたいけれど、スペックもある程度欲しいという人向け。「Xperia X」がベースで、今回発表された小型機「Xperia X Compact」と日本で既に発売中で、最上位のCPUや防水防じん仕様を追加するなどの強化版「Xperia X Performance」の3モデルがあります。

 そして、今回発表された「Xperia XZ」がハイエンドモデルの「XZライン」。Xperia Xシリーズ全体のコンセプトである、人に寄り添うような使いやすさ、賢さなどをコンセプトに、最新技術がふんだんに盛り込まれている端末に仕上がっています。

5.2型で手の大きさ次第で片手操作は難しいが、しっかりと握ることはできる
右側面にはお馴染みカメラキー、電源キー兼指紋センサー、音量キー上側面にはヘッドホンジャックがちゃんとある
左側面にはnanoSIM&microSDカードトレイの挿入口下側面は充電端子(ふさがれているがUSB 2.0 Type-C)でQuick Charge 3.0対応
背面にはカメラ。上部はメタル素材、下部はアンテナ対策で樹脂になっている。NFCアンテナはXperia X Performanceと同じように正面カメラ横にある

 カラーバリエーションはミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルーの3色。Xperiaで青系色復活と言うことで、往来のファンの注目を集めていますが、今回の青系でありグローバルでのメインカラー「フォレストブルー」は非常に深みのある色合いで、青黒いイメージ。同社によれば、ビジネスパーソンが身につけるようなフォーマルかつスマートさをイメージしているとのこと。

左からフォレストブルー、プラチナ、ミネラルブラック

 前述のとおり、Xperia Xシリーズは「人に寄り添うような端末に」というのがコンセプト。XZでそれが最もいい形で表れていると感じたのは、ついにUSB Type-Cを採用している点。

 今年は従来のmicroUSBから両面挿しのUSB Type-Cの移行期。microUSBの端末とType-Cの端末を混在させて持っているとケーブルをたくさん用意しておく必要があり面倒。これから買うならUSB Type-C対応は必須です・

Xperia XZ(写真下)もXperia X Compact(上)もUSB Type-C

 また、持ちやすさ、ホールド感はディスプレー面の2.5Dガラスおよび、背面のラウンド形状によるもの。2.5Dガラスのなんともいえない未来感はXperia X Performanceでも体感できますが、XZでは「ループデザイン」という考え方により、正面と背面がだ円でつながっているような印象で、さらに一体感のある外観になっていると言えます。

カクカクとしていない、やや丸みを帯びたデザインに
左からXperia Z5 Premium、Z5、X Performance、XZ、X Compact
左からXperia Z5 Premium、XZ、X Performanceだけでも比較。XZはX寄りのデザインになっていることがわかる
ついでに厚さも比較。下からXperia Z5 Premium、XZ、X Performance。XZは8.1ミリと、X Performanceより0.6ミリ薄い

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART